ダンボール存在するダニの種類は?害虫が好む理由と保管方法

ダニ・ノミ・害虫

ダンボール存在するダニの種類は?害虫が好む理由と保管方法

最近、買い物はネット通販を利用している!という人が増えてきました。

ネット通販はとても便利なんですが、通販を利用していて増えるもの・・・

それはダンボールではないでしょうか。

買い物をするたびにダンボールが増えていく・・・

その都度捨てるのが面倒だからと、ついついダンボールを溜め込んではいませんか?

実は、段ボールを放置しているとダニが発生してしまうことがあるんです!

ダンボールは害虫にとってはとても快適な場所なんだそうです。

どうしてダンボールは害虫にとって快適な場所なんでしょうか?

ダンボールにいるダニの種類や、段ボールの保管方法について紹介いたします!

 

スポンサーリンク

 

 ダンボールにいるダニの種類は?

 

ダンボールにいるダニの種類は?

ダンボールに発生する可能性のあるダニは1種類だけではないんです。

・ケナガコナダニ

このケナガコナダニは、豆類や米麦などの食品に発生するダニなんですが畳やわら等にも発生することがありダンボールにも発生する可能性のあるダニなんです。

大量発生することもあり、要注意です。

・ヒョウヒダニ

このヒョウヒダニは室内に一番多く発生するダニと言われています。

喘息やアトピー、アレルギーの原因となっている種類でダンボールにも発生してしまう可能性のある種類です。

・ツメダニ

このツメダニは、コナダニやヒョウヒダニが発生すると増えるダニなんです。

実はツメダニはコナダニやヒョウヒダニをエサにしているため、他の種類のダニが発生することでツメダニも発生してしまうんです。

そのため、ダンボールに他の種類のダニが発生することでツメダニも発生してしまうんですね。

 ダンボールは温度と湿度が害虫には快適!

 

ダンボールは温度と湿度が害虫には快適!

 

どうしてダンボールはダニなどの害虫にとって快適な場所と言われているんでしょうか。

ダニは、湿気があり、温度の高い場所に発生します。

更に狭い隙間があり、食料があると更にダニにとっては快適な環境になるんです。

ダンボールはほどよい湿気と保温効果がありますし、保管しているダンボールにはホコリが溜まっていってしまいます。

このホコリは人間の髪の毛や垢などが混ざっておりダニのエサとなります。

エサがあり、保湿・保温に優れているダンボールはダニにとってとても住みやすい環境という事になるんです。

パッと見てきれいな状態のダンボールでも、実はダンボールの隙間の中や中心部分に卵を産み付けている可能性もあります。

ダニは1回で2,000個以上の卵を産むとも言われており、きれいだからと言って油断はできません。

 ダンボールの保管方法!家には置いておかない!

 

ダンボールの保管方法!家には置いておかない

しかし、ダンボールは荷物を受け取る場合など、手にする機会も多いですよね。

そんなダンボールを保管するためにはどうすれば良いんでしょうか?

・風通しのいい場所に置く

ダンボールに湿気が溜まってしまうと、ダニが繁殖しやすい環境となってしまいます。

風通しのいい場所に置いておくことで湿気が溜まるのを防ぐことができるため、ダニの繁殖を予防することができます。

という事は、室内にダンボールを置いておく事はやはりオススメ出来ませんので、ベランダや玄関(家の外)あたりに置く様にしましょう。

・新しいダンボールだけを保管する

リサイクル資材などで使われている古いダンボールは湿っていたり、ダニが好むようなエサがついている、すでに卵が産みつけられているという事も考えられます。

どうしてもダンボールを持っておきたい!という場合には新しいダンボールだけを保管し、古いダンボールはすぐに廃棄するようにしましょう。

 まとめ

 

まとめ

ダンボールにダニが発生してしまうと、ゴキブリも発生しやすくなってしまいます。

ダニやゴキブリは、ダンボールに使われている接着剤をもエサにして繁殖するんです。

更にダニやゴキブリをエサにしているクモまでも寄せ付けてしまうので、色んな虫が集まる可能性があるという事を知っておきましょう。

ダンボールを放置したばっかりに、害虫がどんどん繁殖してしまうなんてことになったら大変です。

出来るだけダンボールはすぐに処分するようにし、保管する場合には風通しのいい場所に置いておくようにしましょう!

 

スポンサーリンク

 

小学校入学時にママ友がいないと困る?小学校からは付き合いも変わる?前のページ

ビニールプールにハイターで消毒は危険!家庭用プールの水の除菌方法とは次のページ

ピックアップ記事

  1. 紫外線が強い時間帯は?4、5月の紫外線の量と日焼けに要注意!
  2. サージカルマスクとは?メディカルマスクとどう違うの?特徴や効果は?
  3. くしのほこりの取り方と予防法!ヘアブラシの白い汚れを簡単に取るには?
  4. 目からの紫外線で肌がシミになる!簡単にUVカット対策を!
  5. 大阪の安いプール!人気のスライダー付きなど穴場24選紹介!

関連記事

  1. ダニ・ノミ・害虫

    コバエにめんつゆが効かないのはなぜ?作り方の割合は?代用品はあるのか

    暑くなると毎年嫌だなぁと思っているのは『コバエ』!!うちは、気…

  2. ダニ・ノミ・害虫

    ダニやノミに噛まれた!跡を消す処置は?綺麗に治したい!

    梅雨は、ダニやノミに噛まれる機会が増える時期です。かゆいのも嫌…

  3. ダニ・ノミ・害虫

    ダニは服にどうやってつくの?防虫剤は効果ある?洗濯だけで退治出来る?

    クローゼットなどから出した洋服を着たら、なんか身体がかゆい・・・…

  4. ダニにエタノール消毒って効くの?布団にも使えるの?

    ダニ・ノミ・害虫

    ダニにエタノール(アルコール)消毒って効くの?布団にも使えるの?

    ダニを駆除する為に、消毒用のアルコールであるエタノールは効くのか?と思…

  5. ダニ・ノミ・害虫

    チョウバエの幼虫は死なない?排水口にいる黒くて細長い虫を駆除するには?

    お風呂場やキッチンなど気づいたら小さい虫が飛んでいる!なんて経験ありま…

  6. ゴキブリが新築一戸建てに!効く殺虫剤と今後出ない為に!1匹見たら30匹?

    ダニ・ノミ・害虫

    ゴキブリが新築一戸建てに!効く殺虫剤と今後出ない為に!1匹見たら30匹?

    夏になると嫌な気分になるのが、蚊やゴキブリ等の害虫!新築一戸建…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. エアコン掃除で業者が部品を壊したら弁償してもらえる?私の体験…
  2. 20代女性の尿もれ意外に多い?無意識に出る尿もれの原因と対策…
  3. 窓際の紫外線が怖い!UVAが到達する距離はどの位?窓の対策は…
  4. 汗をかいた後の香水は匂いに変化が?夏は特に注意!対策は?
  5. チョウバエの幼虫は死なない?排水口にいる黒くて細長い虫を駆除…
スポンサーリンク
  1. 50代女性の基礎代謝を上げる方法!体型にも変化が!

    40代50代の美容やお役立ち情報

    50代女性の基礎代謝を上げる方法!オススメのサプリで体型にも変化が起こる!
  2. 卒業式

    2020年小学校卒業式男子の服装と靴!スーツが人気?2019年画像からおすすめを…
  3. くしにほこりがつくのは何故?白い汚れがつく原因や取り方は?

    暮らしに関係する事

    くしのほこりの取り方と予防法!ヘアブラシの白い汚れを簡単に取るには?
  4. 美容・健康

    頭皮のにおいが臭い!彼氏にバレる前にシャンプー以外のケアも!
  5. 美容・健康

    夏に汗で背中や胸がかゆくてぶつぶつが出る病気の原因と治し方
PAGE TOP