美容・健康

紫外線は時間帯に気をつけて!特に4、5月の日焼けに要注意!

紫外線対策は1年中!というのも、最近定着してきていますが、日差しがキツくないシーズンは、ついつい紫外線対策を怠ってしまいがち!

解ってはいるものの・・・といった方も多いんじゃないでしょうか?

しかし、4.5月に降り注ぐ紫外線には注意が必要!

春の日差しについ、ウトウトしてしまいますが紫外線は、かなりの強さで降り注いでいます。

 

スポンサーリンク

 

4・5月の紫外線に要注意!

 

4.5月の紫外線に注意

春先の紫外線対策

春先の紫外線は、秋ほどでないものにしても、冬よりその頻度が高まっています。

紫外線は、雲を通り越してきますので、雨雲ぐらいでないと紫外線は雲を透過してやってきます。

なので、太陽の日照時間が長くなる頃に、冬と同じ感覚でいると、かなり紫外線の照射を浴びてしまします。

4月・5月といえば、新生活のスタートする時期になりますが、あわただしさの中にいると、ついスキンケアを忘れてしまいがちになります。

なので、春のうららかさが始まり、太陽の天空にある時間が長くあれば、注意を始めましょう。

春は斜めから陽が当たる

冬は、太陽の昇り角度が、天球の頂点へきません。ですので、大気の層をくぐる時、多めに空気の粒と乱反射しているので、それほどの紫外線照射はないのです。

といっても、ゼロではありませんので1年中紫外線対策をする方が良いに決まってます。

夏に限っては直射は毛髪にかかり、それほど横からの照射は受けにくいといえますが、やはり夏は紫外線の量がグンと上がりますので、多方向からの紫外線対策は必要ですね。

しかし春と秋に限っては、ちょうど毛髪の部分を避け、斜め越しに太陽が差してきます。

なので、春先の午後に晴天であるときは、斜め方向からの紫外線に注意してください。

注意する時間帯を知っておく

 

注意する時間帯を知っておく

真昼よりも晴天の午後が危険

真昼は、上空から紫外線が降り注ぎますが、時間帯がずれると斜め越しの紫外線が多くなります。

午前中であれば、水蒸気の作用もあるので、紫外線は地上までは、防がれていますが、午後になると、空気が乾燥し、紫外線は晴天時に直射されます

ちょうど、顔の皮膚や、腕の皮膚に当たる角度として、午後の3時~4時が、一番危険な時間帯と言えます。

薄い曇り空でも肌の弱い人は注意してください。

夕方まで紫外線の乱反射

光の量というのは、空気中の分子に分散して、自己放出する部分があります。

たとえば、コンクリートが熱を溜めこんで、夜も暖かくなるといった、ヒートアイランド現象に近いものがあります。

なので、空気分子が溜めこんでいる、紫外線放出量は、正午時よりも、午後に高まってきます

うかつに紫外線対策をせずに、お買い物に出かけたりすると、その分、一時間あたりでも紫外線受被量は、午前に出ておく2~3時間より高いものになるので注意が必要です。

防止や、日傘を準備するようにしましょう。

特に、斜めから直射される日光には、腕などは、ほぼ直角に照射されるかたちになりますので、受被量としては、頭部よりも高いものになるのです

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

まとめ

紫外線は、少しの量であるなら、身体になにも問題はなく、かえって、日光を浴びないほうが、不健康になる恐れがあります。

紫外線を浴びる事は健康に必要な事ですが、その前後のスキンケアが正しくできていないばかりに、皮膚に炎症を起こしてしまう訳事になります。

つまり、紫外線が悪いのではなく、スキンケアをせずに放置することが、危険である訳です。

子供ぐらいになると、肌の活性がいいので、すぐに再生される皮膚の細胞ですが、皮膚の細胞分裂が少ないと、炎症のまま、皮膚に痕跡を残してしまいます。

春先の午後に行楽に出かける場合などは、夏ではないからとうかつに、スキンケア無し出てしまえば、それなりの反応が皮膚に残る訳です。

スキンケアは後処理も可能ですが、事前に予防医学的なことまで、解っていると、充分、一年中の気候に対応できます。

陽が差してきたとおもったら、すぐ日陰に避難しましょう。

熱中症対策としても、春先ごろからの症状の出る可能性もあるので、道路上や、そとの広場では、自分だけの、マイ日陰を認識しておくと便利です。

体を冷やすと良い場合があるので、春先の紫外線で火傷しないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 5月病はいつまで続く?子供もなる可能性アリ?治し方について
  2. 父の日2018!70代におすすめプレゼント!カードや花も人気!
  3. 洗濯物の部屋干し臭い対策!梅雨に早く乾かす方法はタオルに秘密が!
  4. 2018関西(大阪)のお中元!予算3000円以内でおすすめは?
  5. プール!大阪で料金が安い穴場を紹介!室内やジム、スライダー付きも!

関連記事

  1. 美容・健康

    目からの紫外線で肌がシミになる!簡単にUVカット対策を!

    紫外線が気になる季節になってきましたね。肌から直接入る紫外線の…

  2. 希少糖(レアシュガー)商品、ヨーグルスタンドの効果や危険性とは?

    美容・健康

    希少糖(レアシュガー)商品、ヨーグルスタンドの効果や危険性とは?

    希少糖(レアシュガー)が入った商品は、少しずつ増えていますね。…

  3. 美容・健康

    足の臭いの原因は内蔵の病気に関係あるの?重曹やミョウバン、柿渋石鹸の効果は?

    気になる足の臭い。。。特に夏は裸足になる場所で、あちらこちらで…

  4. 美容・健康

    夏、汗をかくと背中や胸が痒くてぶつぶつが出る病気の原因と治し方

    夏に汗をかくと決まって背中や胸、更には頭皮までもが痒くなる・・・…

  5. 美容・健康

    5月病はいつまで続く?子供もなる可能性アリ?治し方について

    昔から5月になると、あちらこちで言われる5月病。最近ではあまり…

  6. 足湯の最適温度と時間を紹介!どんな効果があるのか?

    美容・健康

    足湯の最適温度と時間を紹介!どんな効果があるのか?

    足湯には最適な温度と時間がある!足湯の効果を最…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 上半身が異常に寝汗がひどいのは更年期以外にも原因があるの?
  2. マスティハの効果とは?化粧品もあるの?世界の村のどエライさん…
  3. 月見に団子を食べるのはなぜ?2018年の十五夜とうさぎの由来…
  4. お彼岸2018秋!(9月)お墓参りの期間は?食べ物はおはぎで…
  5. お月見2018!大阪のイベントやオススメスポット!暑さや服装…
スポンサーリンク
  1. 父の日2018!70代におすすめプレゼント!カードや花も人気!

    父の日

    父の日2018!70代におすすめプレゼント!カードや花も人気!
  2. 2018関西(大阪)のお中元!予算3000円以内でおすすめは?

    お盆・お中元

    2018関西(大阪)のお中元!予算3000円以内でおすすめは?
  3. 夏・レジャー

    プール!大阪で料金が安い穴場を紹介!室内やジム、スライダー付きも!
  4. くしにほこりがつくのは何故?白い汚れがつく原因や取り方は?

    生活の知恵

    くしにほこりがつくのは何故?白い汚れがつく原因や取り方は?
  5. お盆・お中元

    2018大阪のお盆とお墓参りやお中元の時期は?お彼岸はいつ?
PAGE TOP