美容・健康

寒い朝は起きれない!スッキリ起きる方法や対策を紹介!

寒い冬の朝はつらいですよね。
なかなかスッキリ起きれない!という方も多いはず!

布団から出たくなくなるのは、室温と布団の中の温度の差が大きい時です。
では、どうすれば寒い朝にスッキリ起きる事が出来るのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

体温管理ですっきり目覚めよう!

 

体温管理でスッキリ目覚めよう

 

体温管理の術

体温管理として寝ている時の、毛布や布団のかけ方には注意が必要です。

朝起きた時に、どのくらいお布団で身体が温まっているかにより、目覚めが違います。

そして、夜冷えてしまった場合には、朝のホメオスタシスも悪くなってしまうのです。

ホメオスタシスとは!
生物体が外部環境の変化や食物の影響にもかかわらず、体温 ・ 血糖値 ・ 血液酸性度などの生理的状態を一定に保つこと、およびその仕組み。主として自律神経系と内分泌系の働きによって維持されるが、血液の緩衝作用や、腎臓の浸透圧調整作用も重要である。  出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

就寝時は、深部体温が下がり、深い眠りに入れば入るほど体温は下がります。

そのため、寝ている時も、自然発熱しておくようにしなくてはなりません。

しかし、もちろん必要以上に体温が下がり過ぎる事は危険ですので、寝具には気をつけるべきです。

寝具が厚いと、体温を逃がさない為、結果的には布団を蹴ってしまう事になりかねません。

就寝前の体温管理、バスタイム、ほどよい寝具が、朝起きた時に、どのくらい時短で起きられるかに関係してきます。

朝、冷えても自ら持ち上げる

朝、冷える状態が続いても、強度の暖房器具を回すのを控えましょう。

結局、自然に身体内部からの温度がかかる事が出来なければ、自分の体温調節機能が鈍くなります

なので、ホメオスタシスを恒常として保つために、体温トレーニングを図りましょう。

これは、軽い糖類などを摂って、自身があったまってくるのを待つことです。

例えば、枕元にキャラメルなど置いておき、起きてからすぐ口にする事で、早めに糖類を摂る事が出来ます。

体的には、ストレッチなど体を動かす様にするといいのですが、頭脳系でも糖類の働きにより、朝、猛烈に働くと、脳内の発熱と同時に筋肉も暖かくなります。

たとえば、朝起きてすぐに、ダンス系ミュージックを聴くことでも、ホメオスタシスには、大きく影響します

自分で、自身の体温をUPさせる事が、時短で職場・学校へ行く秘訣になっているのです。

朝の血糖値は低い!飛び起きるのは危険!

 

朝の血糖値は低い!飛び起きるのは危険

 

朝の血糖と血圧

朝の血糖は下がっています。

つまり、寝ている時に、脳が覚醒・非覚醒の状態であっても、糖類をメインに基礎代謝として消費しているからです。

この脳内のエナジー消費量は、じつは通常人であれば、起床時も睡眠時もさほど変わりありません。

なので、朝起きた時には、血糖値はほぼ最低値を下回っています。

よく、健康管理などで、朝の血糖を測ることがありますが、これは、基礎代謝の部分を測るためでもあります。

血糖値が低いだけにとどまらず、朝は、低血圧の状態から始まります。

なので、急に筋力を動かしたり、腱を張ったりすると、いためる事がありますのでご注意ください。

必ず、ウォーミングUPをしてから、ボディトレーニングに入ってください。

特に高血圧の方は、必ず朝起きる時は、ゆっくり起きる様にしなければいけません。

高血圧の人の特徴として「早朝高血圧」が挙げられます。

これは、朝目覚めると急激に血圧が上がってしまう。というものです。

朝、動く事により血圧が上がるのは健康な人には必要な事ですが、高血圧の方や老人には急激な血圧上昇を避けなければなりません。

血液がドロドロと濃縮されているところに急激な圧力を加えると、血管の破れや詰まりなどの恐れがあるからです。

必ず、ゆっくり起き上がる様にしましょう!

寒いままでも徐々に復帰

朝、寒い状態は体がすぼまる思いがしますが、それでも、身体を目覚めさせなければ、通学・通勤に万全の態勢は維持できません。

なので、寒い状態にまず、暖かい糖類を供給すること。

そして、血圧を少しずつ上げるために、例えば、愉しい(たのしい)ことを考える事などをお薦めします。

愉しいことを考えるというのは、無理強いしてストレスを溜めるやり方ではなく、精神的にストレスを開放する良い手段です。

私の例を申し上げますと、一日のプランを練ります

その1日のプランも、もちろん楽しい事しか起きないという想像です。(笑)

よく、未来日記で未来が変わる。という話がありますが、やはりプラス思考は実際の人生にも、そして体にも良いという事ですね。

あまりにもかけ離れたプランを考えるのではなく、実行の可能性が50%ぐらいもので、その残りの半分をどう努力してやりあげるかということを、頭脳で訓練するのがベストです。

それから、一日の始め、実行に出ます。

あと、よく言われるのは日光を浴びるという事

これは、体内時計をリセットするといった意味で、夜ダラダラ起き続けず自然に眠たくなる効果はあります。

ただ、自分の経験からすると、早く寝ても朝起きれない事も多々あるんですよね。。。(^_^;)

なので、やはり音楽や血糖値を上げるなど、神経に作用する方が寒い朝には効くと思いますので、試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

まとめ

朝に弱いという事は、多くの社会人がいる社会の中では、困った問題の1つです。

朝に強いという事は、バイタルバランスも優れ、そして良い食物を摂っている(摂る時間がある)という事です。

朝起きるには、体力に余剰分が残っていないとだめなのですが、この食習慣・生活における部分も大きいのです。

つまり、昨晩に何をどう食べて、睡眠に付いたかにより、起きてからのパワーが違う。といった理由の1つになります。

多量のお酒は次の日まで引きずりますしね。

体調管理として、ヒーターなどで温めるということよりも、体内から温度が上がってこなくてはなりません。

出来るだけ外部(暖房器具など)からの手段を避け、自身の体温が上がる為の手段を取るべきですね。

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 枕の理想の高さはどうやって決まる?調整時は横向きでの判断も必要!
  2. 寒いと頭痛がする原因は?アイスクリーム頭痛と同じなの?
  3. ダニにエタノール消毒って効くの?布団にも使えるの?
  4. ゴキブリの卵を見つけた!何匹うまれるの?孵化時期は?
  5. くしのほこりを簡単に取る方法!白い汚れがつく原因や正体は?!

関連記事

  1. 美容・健康

    お金をかけずに簡単に一週間で、顔や体の肌を綺麗にする方法!

    肌を綺麗にする方法は、お金がかかると思っていませんか?しかも、…

  2. 美容・健康

    5月病はいつまで続く?子供もなる可能性アリ?治し方について

    昔から5月になると、あちらこちで言われる5月病。最近ではあまり…

  3. 寝る時に靴下を履くのはよくない

    40代50代の美容やお役立ち情報

    寝る時靴下を履くのはよくない?冷え症の対策としてアリかナシか?

    足が冷たくて冷たくてまた今日も眠れないのでは・・・と思うと、布団に入る…

  4. 美容・健康

    紫外線は時間帯に気をつけて!特に4、5月の日焼けに要注意!

    紫外線対策は1年中!というのも、最近定着してきていますが、日差しがキツ…

  5. 美容・健康

    マスティハの効果とは?化粧品もあるの?世界の村のどエライさんで話題!

    『世界の村のどエライさん』で話題となった、マスティハ!『キリス…

  6. 希少糖(レアシュガー)商品、ヨーグルスタンドの効果や危険性とは?

    美容・健康

    希少糖(レアシュガー)商品、ヨーグルスタンドの効果や危険性とは?

    希少糖(レアシュガー)が入った商品は、少しずつ増えていますね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 冬のフランス旅行!靴やブーツ選びのポイントは?スカートよりパ…
  2. 2018フランスパリのクリスマスマーケットの過ごし方を体験者…
  3. フランスのお土産で女子に人気のお菓子や雑貨は年齢層別に考えよ…
  4. 子連れでフランス旅行はツアーがお得?家族旅行の費用も気になる…
  5. フランス旅行の安い時期は?食費も抑えて節約しながら楽しもう!…
スポンサーリンク
  1. 寝る時に靴下を履くのはよくない

    40代50代の美容やお役立ち情報

    寝る時靴下を履くのはよくない?冷え症の対策としてアリかナシか?
  2. くしにほこりがつくのは何故?白い汚れがつく原因や取り方は?

    生活の知恵

    くしのほこりを簡単に取る方法!白い汚れがつく原因や正体は?!
  3. 美容・健康

    寒いと頭痛がする原因は?アイスクリーム頭痛と同じなの?
  4. 美容・健康

    頭皮のにおいが臭い!彼氏にバレる前にシャンプー以外のケアも!
  5. ダニ・ノミ・害虫

    ゴキブリの卵を見つけた!何匹うまれるの?孵化時期は?
PAGE TOP