くしにほこりがつくのは何故?白い汚れがつく原因や取り方は?

生活の知恵

くしのほこりを簡単に取る方法!白い汚れがつく原因や正体は?!

コームやブラシ、とにかくどんな『くし』でも、使っているうちにほこりや白いっぽい汚れがくっついている事に気づきます。

何故?どこからこんな白っぽい汚れがついてしまうのか?

とにかくどんな『くし』でも、使っているうちに白っぽい汚れやゴミのようなものがくっついている事に気づきます。

そんな『くし』についたほこりや白い汚れを、簡単に取るおすすめな方法を紹介します!

 

スポンサーリンク

 

くし(ブラシ)につくほこりや白い汚れの正体やその原因は?

 

くしにほこりや汚れがついてるのは何故

 

くしに白っぽい(なんだか粘土みたいなもの)汚れやほこりがたまる事ってよくありますよね。

ほこりは仕方がないにしても、この白っぽい・・いや、灰色っぽい粘土質の様な汚れって何?と思った事ありませんか?

これって、髪の毛についているものなのか?と疑問に思った人も少なくないはず!

確かに髪の毛の表面についているシャンプーの残りカスや、ほこり、整髪料が主ですが、髪の毛を洗った後しか使っていないブラシにもついていると思います。

これは、頭皮の皮脂が主な原因です。

この皮脂に細かなほこりもくっついていますが、基本的には頭皮の脂がこびりついたもの。

臭ってみると、頭皮独特の『頭臭い』臭いがします。

もちろん脂性の人は、すぐにくしやブラシが汚れやすいという事はありますが、乾燥肌の人でも頭皮は体の中で一番脂が出やすい場所ですから、脂性の人よりは少ないかもしれませんが、長く使っていると、必ず白っぽい感じの汚れがつきます。

脂ですから、少しのほこりもくっつきやすいので、みるみるうちに汚れが溜まってくるという訳です。

パッと見ただけでは、『自分の髪の毛はこんなに汚れているんだ』と思ってしまうかもしれませんが、頭皮の脂は必ず髪の毛にもついていますし、脂がついたくしは汚れもくっつきやすいものです。

なので、誰でも使い続けたくしには、白っぽい汚れが溜まっていくのは普通なのです。

くしについたほこりや汚れを簡単に取る方法!

 

 

古いストッキングやガーゼを挟み込む

この方法は、昔からよく使われていますよね。

小さい頃、私の母もブラシにガーゼを挟み込んでいたのを憶えています。

とても手軽で、簡単な方法です。

汚れたらサッと取り外し出来ますからね。

しかしこの方法は、太めのブラシ(1本1本が)だと、挟み込みにくい事と、根本までしっかり挟み込むのが難しい事が難点です。

それに、ほこりはとれますが、白っぽい粘土質の汚れは完全に取れない場合があります。

木工用ボンドを使う

この方法は、くし以外にも細かな場所を掃除する場合に使われますよね。

例えば、テレビやエアコンのリモコンなど。。。

方法は、くしの上におしげもなく木工用ボンドをタラーっと、まんべんなく垂らしていきます。

そして、そのまま約2日ほど放置。

(季節などにより放置時間は変化します)

そして、完全に固まったボンドをゆっくり剥がしていくと・・・・

あらあらびっくり! (*´ω`*)

汚れをごっそり取り除けてるじゃありませんか!

これだと、いろんな(細かくて汚れが取りにくい場所でも)小物にも使える方法ですが、1つ大きな難点が!

それは、2日ほどブラシが使えなくなる事ですっ!

毎日使っているなら困りますよね。

それに、豚毛のブラシなど、動物の毛のブラシには不向きです。

たまに使っている程度のくし(動物の毛以外の)や、いくつかのくしを、使い分けしてるならこの方法は可能ですね。

溶かしたシャンプーに浸ける

これは私がよくやる方法です。

洗面器にお湯をはり、そこへシャンプーをプシューっと投入!

そして、手ですばやくかき混ぜて泡立てたとこへ、くしを投入!

夜寝る前に浸けて、次の朝には綺麗さっぱり!

これなら毎日くしを使う事が出来ますし、頭皮の脂はシャンプーなどの界面活性剤で落ちますので、くしの汚れは簡単に落とす事が出来ます。

界面活性剤といえば、食器洗い用の中性洗剤も脂汚れは簡単に落とせますね。

私は、気分的にシャンプーの方が(香りもいいし)なんとなく安心して使える気がします。

ただ、洗わずに数ヶ月や数年経ったブラシは一晩つけただけでは落ちません。

でも、つけ込んだ後に歯ブラシで(指でもいい)こすってみると、かなり簡単に汚れを取る事が出来ます。

しかも、ボンドやガーゼなどを被せる方法は、豚毛などの動物の毛を使ったブラシには不向きですが、この方法だと動物の毛のタイプのブラシでも簡単に落ちます。

更に、動物の毛のブラシの場合は、その後リンスを溶かしたぬるま湯につけておくと、静電気防止にもなり、ブラシの毛も柔らかい状態を保つ事が出来ます。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

まとめ

 

◎  くしやブラシの汚れの原因は、頭皮の脂が主で、そこへシャンプーの残りカスや細かなほこり等の汚れがついてしまう。

◎ くしやブラシの洗い方は、いくつかあるが、それぞれのメリットとデメリットで判断して試してみると良い。

 

はぴりん
やっぱりシャンプーを溶かしたお湯につけておく方が、簡単で綺麗になるって事やんね?
女教師
そうね。一番手軽でしょうね。でも、個人的にはボンドで綺麗にする方法も斬新で面白い感じはするけどね。

 

はぴりん
でも、豚毛のブラシは、やっぱボンドはダメでしょ。
女教師
まぁね。豚毛のブラシの場合は、シャンプーリンスセットで使うと、綺麗でフワフワになる事間違いなしよ!

 

くしやブラシの汚れは、使用し続ける事によって必ず誰でも白っぽい、粘土のような汚れがついてしまいます。

そのまま使用し続けると、洗う時にも時間がかかってしまうので、2週間に1度、もしくは1ヶ月に1度はシャンプーを溶かしたぬるま湯につけておくと、いつも清潔でいい香りのくしを使用できますね。

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. ゴキブリの卵を見つけた!何匹うまれるの?孵化時期は?
  2. 目からの紫外線で肌がシミになる!簡単にUVカット対策を!
  3. 洗濯物の部屋干し臭い対策!梅雨に早く乾かす方法はタオルに秘密が!
  4. ダニが発生し始める時期は?4月からダニのエサが増える!
  5. ゴキブリが新築一戸建てに!効く殺虫剤と今後出ない為に!1匹見たら30匹?

関連記事

  1. 電気毛布の電磁波は体に影響がある説は嘘か本当か?!

    生活の知恵

    電気毛布の電磁波は体に影響がある説は嘘か本当か?!

    電気毛布から大量の電磁波が出ている・・・なんて聞いた事ありませんか?…

  2. 洗濯物が臭う日と臭わない日がある!梅雨の生乾き臭の原因は干し方や時間?

    生活の知恵

    洗濯物の部屋干し臭い対策!梅雨に早く乾かす方法はタオルに秘密が!

    部屋干しに限らず、洗濯物の生乾き臭って、する時としない時がありますよね…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. フランス旅行で英語出来なくて大丈夫?!見どころやマナーも知っ…
  2. 手の甲の血管が浮き出る女性必見!なぜ40代から急に老け手にな…
  3. 【海外旅行】フランスに行く時の持ち物リスト女子編!観光の際あ…
  4. 電気毛布の電磁波は体に影響がある説は嘘か本当か?!
  5. 飛行機でのエコノミー症候群対策は足置きグッズで予防しよう!
スポンサーリンク
  1. 美容・健康

    目からの紫外線で肌がシミになる!簡単にUVカット対策を!
  2. 手の甲に血管が浮き出る原因は老化!

    40代50代の美容やお役立ち情報

    手の甲の血管が浮き出る女性必見!なぜ40代から急に老け手になるのか?その改善方法…
  3. ダニ・ノミ・害虫

    ゴキブリの卵を見つけた!何匹うまれるの?孵化時期は?
  4. 美容・健康

    夏、汗をかくと背中や胸が痒くてぶつぶつが出る病気の原因と治し方
  5. くしにほこりがつくのは何故?白い汚れがつく原因や取り方は?

    生活の知恵

    くしのほこりを簡単に取る方法!白い汚れがつく原因や正体は?!
PAGE TOP