足湯の最適温度と時間を紹介!どんな効果があるのか?

美容・健康

足湯の最適温度と時間を紹介!どんな効果があるのか?

足湯には最適な温度と時間がある!

 

足湯の効果を最大限発揮させたいのなら、温度と時間を最適な状態にするべきです。

せっかくの足湯効果を最大限に発揮させたいですよね!

冷え症の方は、もちろん!テレビを観ながら体も温める事が出来ますしね。

では、その最適な温度と時間について紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

足湯における時間

 

 

足湯における時間は、湯の冷める温度と連結して考えるとよいでしょう。

冬季であれば、10分ほどで、湯温は冷めますので、短めにしないといけません。

また、時間を長くするには、お湯をつぎ足すことが重宝します。

ただし、足の皮膚がはがれるまで、湯につけると問題が起こりますので、適度に乾燥できるくらいにまで、時短にしてください。

また、足の消毒をかねてするとよいので、ぬるま湯の状態の高バクテリア繁殖温度を長時間キープしないようにしてください。

足湯における温度

 

足湯の温度は、室内であれば、ある程度脚の温度はあるので、体温以上の温度で充分です。

もし、外からの冷えた状態での帰宅時では、足がしびれる恐れがあります。

ですので、ある程度温めてから足湯に入るか、それかぬるま湯から初めて、つぎ足し湯で、温度を上げていく方法が取られます。

また、廃湯するときの、水回りに注意をしておくと、部屋の衛生面の事も気遣えます。

参考にすると、より大きめのたらいに、冷めたお湯などを捨てられるようにしておくと、良いです。

すぐに、バスタブに持っていって、部屋の衛生状況をも守る事をお忘れなく。

足湯って結局のところ何の効果があるの?

 

さて、最適な時間と温度を設定して、早速始めましょう!

・・・・と、でも結局のところ、足湯の効果については『冷え症にいいの』とか『体を温めるから』など、なんとなくぼんやりとしたイメージ。

実際、足湯はどんな効果が得られるのか?!

足湯の効能の種類

 

足湯の効能の種類

足湯の効能は、リラックス効果が高いことが有名です。

また、医療的な効果の側面もありますが、ステイタイムとしての健康法として提唱した方が、良いのかと思われます。

時間を部屋で持て余すときなど、リラックスと冷え性対策にということであれば、少し手間がかかったとしても、お湯を用意するのが良いです。

そのため、湯温器として、セッティング状態をよくしておくことは、スマートライフスタイルとして重要になります。

すぐに、湯音器をセットできるように、ルームスタイリングを研究しましょう。

 

スポンサーリンク

 

リラックスタイムとしての効能

 

リラックスタイムとしての効能

 

リラックスすることを一日のうちに良くプラン立てておくことも重要になります。

そのために、湯音器をどのように保っておくかがポイントになります。

衛生・清潔・乾燥・消毒をまもって、部屋の隅にセットしておけば、帰宅時の足湯にすぐに入れます。

汚い状態をそのままにしておけば、足にとっても健康にとってもわるいことになります。

効果の程を最大限に引き出すためにも、いつも清潔であることを心がけてください。

また、消毒剤としても、天然のものにこだわると、足の肌質を傷めずに、お得になります。

まとめ

 

まとめ

 

足湯は、消毒と言うシステムを合わせると、副次効果の高いものになります。

脚の部分は、神経的にいろいろあると、日常生活に支障がありますので、温める事とプラス衛生・消毒が加味されると、足湯に入るのも楽しくなります。

足湯のおかげで、なにか得になったことがあれば、レ点などを入れて、チェックを付けていくと良いです。

結果的に、体調が上向いたことがあれば、良い習慣づけとして訓練づきます。

少々、ストレスのある時でも、歯磨き・洗顔をするのが当たり前であることと同じように、足湯のサイクルを守ると良いです。

必ず、放置したまま睡眠に入る事の無いように、また部屋を汚さないように気を付けないといけませんね。

衛生基準として水を使用するので、その分、部屋の乾燥状態の事も気遣わなくてはなりません。

カビ・悪玉バクテリアの発生しない事を必ず守るようにしてください。

ぬるま湯の温度は、バクテリアの好きな温度であるので、たまの熱湯消毒を心がけると完ぺきと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

夏に汗で背中や胸がかゆくてぶつぶつが出る病気の原因と治し方前のページ

紫外線が強い時間帯は?4、5月の紫外線の量と日焼けに要注意!次のページ

ピックアップ記事

  1. お金をかけずに肌を綺麗にする方法!一週間で効果あり!30・40代からでも大丈夫!…
  2. 50代女性の基礎代謝を上げる方法!オススメのサプリで体型にも変化が起こる!
  3. 目からの紫外線で肌がシミになる!簡単にUVカット対策を!
  4. サージカルマスクとは?メディカルマスクとどう違うの?特徴や効果は?
  5. 手の甲の血管が浮き出る原因は老化!40代50代女性手の老化改善方法とは?

関連記事

  1. 美容・健康

    にんにくオリーブオイル漬け油(アホエン)の効果は認知症や脳の若返りに絶大!

    年齢を重ねていくと、認知症などが心配になってくる人も多いかと思います。…

  2. 塩みかんの効果効能は皮に秘密が!肌や血管が若返る!塩みかんの作り方!

    美容・健康

    塩みかんの肌への効果効能は皮に秘密が!血管が若返る塩みかんの作り方!

    血管が若返ると言われる『塩みかん』を知っていますか?『塩レモン…

  3. 美容・健康

    紫外線が強い時間帯は?4、5月の紫外線の量と日焼けに要注意!

    紫外線対策は1年中!というのも、最近定着してきていますが、日差しがキツ…

  4. 美容・健康

    ごま油うがいに副作用はあるの?どんな変化が期待できるのか?

    最近注目されている、ごま油うがいって知っていますか?ごま油って…

  5. 美容・健康

    よもぎ茶は美白に効く?肌荒れや肌が綺麗になる効果は?茶殻も利用出来る!

    今回は、よもぎの色々な使い方や効果について紹介していきたいと思います。…

  6. 体温を上げる方法としてカイロは効果あるの?貼る場所で効果に差が!

    暮らしに関係する事

    体温を上げる方法としてカイロは効果あるの?貼る場所で効果に差が!

    冬になると活躍するのはカイロ!特に1月~3月上旬までは、外に出…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. エアコン掃除で業者が部品を壊したら弁償してもらえる?私の体験…
  2. 20代女性の尿もれ意外に多い?無意識に出る尿もれの原因と対策…
  3. 窓際の紫外線が怖い!UVAが到達する距離はどの位?窓の対策は…
  4. 汗をかいた後の香水は匂いに変化が?夏は特に注意!対策は?
  5. チョウバエの幼虫は死なない?排水口にいる黒くて細長い虫を駆除…
スポンサーリンク
  1. 美容・健康

    夏に汗で背中や胸がかゆくてぶつぶつが出る病気の原因と治し方
  2. 美容・健康

    梅雨時期の体調不良は胃腸関係の不調や自立神経の乱れが多い!
  3. ダニにエタノール消毒って効くの?布団にも使えるの?

    ダニ・ノミ・害虫

    ダニにエタノール(アルコール)消毒って効くの?布団にも使えるの?
  4. 美容・健康

    サージカルマスクとは?メディカルマスクとどう違うの?特徴や効果は?
  5. 美容・健康

    目からの紫外線で肌がシミになる!簡単にUVカット対策を!
PAGE TOP