ダニ・ノミ・害虫

ゴキブリの卵を見つけた!何匹うまれるの?孵化時期は?

ゴキブリの卵って、見た事ない人の方が多いんじゃないでしょうか。

よくゴキブリを1匹見たら30匹はいる!なんていう話も聞きますから、卵についても気になるところです。

では、ゴキブリの卵から一体何匹のゴキブリが生まれるのか?孵化の時期や期間についてもお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ゴキブリの卵について

ゴキブリの卵について

ゴキブリの卵の形状

ゴキブリの卵の形状は、ちょうどお財布のがま口のような形で、正確にいうとこれは卵鞘(らんしょう)と呼ばれるものです。

ガマ口の中に、卵が半ば固化されたような形で詰まっていて、生まれるときは、およそ30匹以上のこともあります。

卵の外側の形状は、茶褐色から黒色タイプまであり、中に微細な小卵を保持しています。

季節の環境にも耐えるので、冬をしのぐことも可能ですし、殺虫剤も効かないほど耐性力に優れています

ゴキブリの卵の生誕率

ゴキブリの卵から、数十匹のゴキブリの赤ちゃんが産まれますが、室内に30匹の成虫ゴキブリが居たとしても、それが同じ家系のゴキブリかどうかは疑ってかかる必要があります。

ゴキブリは多少の家の隙間に潜り込んでくるので、その家系の30匹である可能性は低いのです。

そして、同じ卵から孵るゴキブリでも、全てが成虫クラスにまで発展するとは限りません。

おなじゴキブリの赤ちゃんも捕食の対象になったりするからです。

という事を考えると、ゴキブリを1匹見たら30匹はいる!という話も、卵から生まれる数を考えると嘘ではないでしょうが、生まれた赤ちゃんを含めた話というより、集団で活動する為(同じ環境で)、そういった表現になっているかもしれませんね。

ゴキブリはどこに卵を産むのか

ゴキブリはどこに卵を産むのか

ゴキブリの産卵場所

ゴキブリの産卵は、人目につかない場所です。

よく目に留まる場所であれば、生誕率も、生存率も低くなります。

ですので、温度・湿度の高い電化製品の裏や下に産み落とす事が多いですね。

たまにタンスの中に産むケースもありますので、あまり使っていない引き出しなどは要注意です。

掃除のがてら、見つかる事もありますが、たいてい空の状態のものが多いですね。

そういったものは、中の小胞から既に赤ちゃんは抜けきった後なので、中身はゼロです。

そして、季節柄のこともあるので、卵が完ぺきに乾燥してカラカラの状態であれば、その成虫がどこにいったかは、もう解らないでしょう。

冬場でしたら、卵もすぐに孵化せず長くその場に留まっていますので、その時に探し出して駆除する方が良いですね。

ゴキブリの卵の孵化時期と期間について

ゴキブリの卵が孵化するのは、4月~10月辺りです。

やはり気温と湿度は関係します。

卵を生んでから孵化するまでの間は、約20日~1ヶ月半位ですが、これだけ期間が定まっていないのは、その時期の環境(温度・湿度)にも関係するからです。

冬の間も電化製品の周りなどは暖かく、人の目にもつきませんので、簡単に冬を越して4~5月辺りに幼虫がウヨウヨ・・・なんて事もよくある話です。

冬の間に電化製品を頑張って少し動かしてみましょう。

そうして、真っ黒の細長い、がま口財布の様な形のものを見つけたら、熱湯で駆除するか焼却をして卵を死滅させましょう。

そのままゴミとして捨てると、結局ゴミ収集所で孵化してウヨウヨ・・・なんて事になりかねませんので、必ず死滅させてから捨てましょう

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

まとめ

◎ ゴキブリの卵は、黒くて細長く、がま口財布のような形をしている。

◎ 卵は卵鞘(らんしょう)と呼ばれる頑丈なもので、その中からおよそ30匹のゴキブリの赤ちゃんが生まれる。

◎ 孵化する時期は、4月~10月に集中し、卵から孵化する期間は20~50日の間で、その時の環境にも左右される。

◎ ゴキブリの卵は、殺虫剤でも死滅させる事が出来ないので、熱湯や焼却で死滅させなければならない。

はぴりん
しかし、卵を見つけたら熱湯をかけるなんて気持ち悪い~!

 

女教師
ま、確かにね。そんな時にはお父さんを呼んで、やってもらってね!

といっても、ゴキブリの卵って、あまり見かけませんよね。。。

それは、やはり人間の目につかない場所に産んでいるからです。

家の中だと、冬場も電化製品の周りは暖かく、人目につかない場所ですのでゴキブリが卵を産むのに最適な場所です。

冬場の間に駆除する事で、暖かくなったらすぐに孵化されるゴキブリを発生させずに済みますので、冬場の大掃除の時にでも思いきって冷蔵庫やテレビを動かして、ゴキブリの卵を駆除してみませんか。

 

スポンサーリンク

 

ダニにエタノール消毒って効くの?布団にも使えるの?ダニにエタノール(アルコール)消毒って効くの?布団にも使えるの?前のページ

時差ボケが治らない!アメリカ帰国後は1週間、眠たかったり眠れなかったりが続いた!次のページ時差ボケ治らない!アメリカ帰国後は1週間眠たかったり眠れなかったりが続いた

ピックアップ記事

  1. 梅雨時期の体調不良は胃腸関係の不調や自立神経の乱れが多い!
  2. ダニにエタノール(アルコール)消毒って効くの?布団にも使えるの?
  3. 紫外線が強い時間帯は?4、5月の紫外線の量と日焼けに要注意!
  4. 酪酸菌は何に入ってる?アレルギー効果を実体験で紹介!ミヤリサンがおすすめ!
  5. お金をかけずに肌を綺麗にする方法!一週間で効果あり!30・40代からでも大丈夫!…

関連記事

  1. ダニ・ノミ・害虫

    チョウバエの幼虫は死なない?排水口にいる黒くて細長い虫を駆除するには?

    お風呂場やキッチンなど気づいたら小さい虫が飛んでいる!なんて経験ありま…

  2. ダンボール存在するダニの種類は?害虫が好む理由と保管方法

    ダニ・ノミ・害虫

    ダンボール存在するダニの種類は?害虫が好む理由と保管方法

    最近、買い物はネット通販を利用している!という人が増えてきました。…

  3. ダニ・ノミ・害虫

    ダニの卵はどれくらいで孵化するの?駆除は出来るのか!

    ダニを布団乾燥機で乾燥させ、掃除機をかけたので安心!と思っていても、布…

  4. ダニに噛まれてかゆい!いつまで続くの?冷やすと治りは早くなる?

    ダニ・ノミ・害虫

    ダニに噛まれてかゆい!いつまで続くの?冷やすと治りは早くなる?

    ダニに噛まれてしまった時『このかゆみ、いつまで続くの~?』と不安になり…

  5. ダニ・ノミ・害虫

    コバエにめんつゆが効かないのはなぜ?作り方の割合は?代用品はあるのか

    暑くなると毎年嫌だなぁと思っているのは『コバエ』!!うちは、気…

  6. ダニ・ノミ・害虫

    ダニやノミに噛まれた!跡を消す処置は?綺麗に治したい!

    梅雨は、ダニやノミに噛まれる機会が増える時期です。かゆいのも嫌…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. エアコン掃除で業者が部品を壊したら弁償してもらえる?私の体験…
  2. 20代女性の尿もれ意外に多い?無意識に出る尿もれの原因と対策…
  3. 窓際の紫外線が怖い!UVAが到達する距離はどの位?窓の対策は…
  4. 汗をかいた後の香水は匂いに変化が?夏は特に注意!対策は?
  5. チョウバエの幼虫は死なない?排水口にいる黒くて細長い虫を駆除…
スポンサーリンク
  1. 手の甲に血管が浮き出る原因は老化!

    40代50代の美容やお役立ち情報

    手の甲の血管が浮き出る原因は老化!40代50代女性手の老化改善方法とは?
  2. 美容・健康

    目からの紫外線で肌がシミになる!簡単にUVカット対策を!
  3. 美容・健康

    紫外線が強い時間帯は?4、5月の紫外線の量と日焼けに要注意!
  4. 美容・健康

    サージカルマスクとは?メディカルマスクとどう違うの?特徴や効果は?
  5. 祝い事関係

    新札を使う意味とマナーは?祝い事で新札を準備できない時は?
PAGE TOP