パンで太る体質とその理由は?朝におすすめのパンや原料について

食品関係

パンで太る体質とその理由は?朝におすすめのパンや原料について

パンって、なんとなくご飯より太りそう・・・というイメージはありませんか?

では、何故パンは太りやすいのか?その理由は体質なのでしょうか?

今回は、太るイメージのあるパンの原料や朝食におすすめなパンについても紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

 

パンで太る体質って本当にあるの?

 

パンで太る体質とその理由は

糖質制限ダイエットなどを始めてちょっとすると、あの柔らかいフカフカしたパンにガブっとかぶりつきたくなるものです。

食べてから後悔したくないし、でも好きなパンを食べた方が他のものより満足感を得られるかも・・・。

そんな風にダイエットは毎日、葛藤と選択の連続です。

さて、ではパンで太ってしまう体質というのはあるのでしょうか?

いいえ、パンで太る!という特異体質はありません。

体質とは少し違いますが、太りやすい食べ方のクセや太りやすい種類のパンというのはあります。

またパンの主原料である小麦粉は他の炭水化物よりも太りやすいのかというと、小麦食品が太るという根拠もありません。

では、何故パンが太りやすいと言われるのか?

次に説明したいと思います。

パンで太ってしまう理由は?

 

パンで太る体質って本当にあるの?

パンの原料はご飯と違い、小麦粉以外にも添加物を含め、色んなものが含まれていますし、種類によっては脂質や糖質がかなり高いものが含まれていたりします。

それに、ご飯と違って更にバターやジャムなどを使う事も多いですよね。

そういった理由もあり、パンは太りやすいと言われているのです。

そもそも太るというのは脂肪が体に蓄えられすぎてしまうことで、その原因はカロリーの取りすぎ、脂質の取りすぎ、そして糖質の取りすぎです。

効果が大きいとして最近人気の糖質ダイエットですが、糖質の取りすぎがなぜ太るのかというと血糖値と大きな関係があります

食事のあと血糖値が上がると、インスリンというホルモンが分泌されます。

インスリンは、血液中のブドウ糖(血糖)を臓器細胞に届ける役割をしています。

体脂肪を分解しにくくし、糖から脂肪をつくるのを助ける働きがあります。

糖は体にとって重要な栄養分ですが、血糖値の上がりやすい食生活をしていると、余分な糖はあっという間に脂肪として蓄えられてしまうのです。

パンとご飯はどっちが太りやすいの?というのはダイエットをしていると必ず疑問に思うことでしょう。

コンビニのおにぎり1つよりもドーナツ1つの方が、実は糖質が少ない場合があります(もちろんグレーズたっぷりのドーナツなどは別ですが)。

同じカロリーのおにぎりとバターロールでは、食後の血糖値はバターロールの方が低いという研究結果もあります。

しかし、原料やジャム、バターなどによって、糖質が高いパンが多いのも事実です。

要は、同じカロリーをとるなら、糖質がより少ない方を選ぶことが大切なのです。

もしもパンのせいで太った気がすると感じているなら、食べ方を見直してみてはどうでしょうか。

食事の初めにいきなりパンを食べると血糖値が急上昇してしまうので、まず野菜や無糖のヨーグルトなどからスタートしましょう。

また、パンはすぐ飲み込めてしまうため満腹感を感じにくいという欠点があるので、ゆっくりとよく噛んで食べるようにするといいでしょう。

パンの原料から太る可能性のあるものをチェック!

 

パンはとくに太りやすい食べ物ではありませんが、パンの選び方次第ではカロリーや脂質糖質が多くなってしまうので、ダイエット中は注意が必要です。

デニッシュの上にクリームやマヨネーズなどが載っているものや、カレーパンなどの揚げ物は、もちろん気をつけなければあっという間にカロリーのとりすぎになってしまうので、チートデー(ダイエットをサボる日)にとっておく方がよさそうです。

またチョコやグレーズがついているような菓子パンの場合は糖質が多くなりがちですが、とくに市販のパンなら裏の表示に「異性化糖」が入っていないか注意しましょう。

果糖ブドウ糖液糖などの「異性化糖」は、糖の中でも消化吸収が速く血糖値がとても上がりやすいので、なるべくなら含まれていないパンを選びたいものです。

ではトッピングのないシンプルなパンはどうでしょうか。

パン生地には大きく分けて2種類あり、砂糖や卵、乳製品など副材料を多く入れて作る生地は「リッチ」な生地、フランスパンのように粉と塩と水だけで作るものは「リーン」な生地と呼ばれます。

シンプルに見えるパンでも、きめ細かでふんわりしていればいるほどバターやマーガリンや卵が多く使われていてカロリーも「リッチ」で、しかも軽くて噛みごたえがないので、つい数を食べてしまいがちです。

それに比べると「リーン」なハード系パンはしっかり噛んで食べられ、満腹感も早く得られるので、ダイエット向きでしょう。

パンの原料から太る可能性のあるものをチェック!

リーンなパンをバターやジャムを使わず美味しく食べる工夫をするのが、パン好きさんのダイエット成功の秘訣かもしれません。

あと、原料からいうと、全粒粉パンやライ麦パンなどは糖の吸収が穏やかで、太りにくいパンです。

糖の吸収が急激に上がる事が、インスリンを大量に必要となる要因ですので、硬めのパンをゆっくり噛んで食べる様にしましょう!

 

スポンサーリンク

 

朝食におすすめのパン!

 

朝食におすすめのパンは

スープやコーヒー、チーズなどと相性のいいハード系パンは朝食にもおすすめです。

先程も申し上げました通り、朝食に限らずですが、ハード系のパンを中心に食べる事をおすすめします。

朝、よく噛んで食べる事で脳も目覚めますし、太りにくいので一石二鳥ですね。

あとは、フランスパンやフランス食パンなどもおすすめですね。

朝食におすすめのパン!

そのまま食べるのもいいですが、ごく薄めにスライスしたものを買って、トースターやフライパンでカリカリに焼く事によっても、食感の違いや香ばしさを楽しめますよ。

また全粒粉やライ麦粉は血糖値の上昇をゆるやかにしてくれ、消化も遅いので腹もちがよくなります。

中身が真っ白い小麦粉だけのパンより、茶色い全粒粉食パンやカンパーニュなどを選ぶといいでしょう。

パンをうまく使って、毎日継続できるダイエットにできるといいですね。

 

トランス脂肪酸はパン屋のパンには入っていない?スーパーやコンビニパンは?

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 電気毛布の電磁波は体に影響がある説は嘘か本当か?!
  2. 頭皮のにおいが臭い!彼氏にバレる前にシャンプー以外のケアも!
  3. ゴキブリの卵を見つけた!何匹うまれるの?孵化時期は?
  4. 寒いと頭痛がする原因は?アイスクリーム頭痛と同じなの?
  5. ダニにエタノール消毒って効くの?布団にも使えるの?

関連記事

  1. トランス脂肪酸はパン屋のパンには入ってない?スーパーやコンビニパンは?

    食品関係

    トランス脂肪酸はパン屋のパンには入ってない?スーパーやコンビニパンは?

    今や健康に悪いものとしてすっかり知られるようになったトランス脂肪酸。…

  2. 食品関係

    アーモンドの栄養素にはどんな効果と効能があるの?1日何粒が理想的?

    モデルや有名人の美容のお供として、よく話題になるのは『アーモンド』です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. フランスのお土産で女子に人気のお菓子や雑貨はこれだ!
  2. 子連れでフランス旅行はツアーがお得?家族旅行の費用も気になる…
  3. フランス旅行の安い時期は?食費も抑えて節約しながら楽しもう!…
  4. フランス旅行のおすすめ時期について!最適な季節に魅力を満喫!…
  5. フランスへ旅行!気になる女性の服装は?冬の気温やパリジェンヌ…
スポンサーリンク
  1. 枕の理想の高さはどうやって決まる?調整時は横向きでの判断も!

    美容・健康

    枕の理想の高さはどうやって決まる?調整時は横向きでの判断も必要!
  2. 寝る時に靴下を履くのはよくない

    40代50代の美容やお役立ち情報

    寝る時靴下を履くのはよくない?冷え症の対策としてアリかナシか?
  3. 美容・健康

    寒い朝は起きれない!スッキリ起きる方法や対策を紹介!
  4. 手の甲に血管が浮き出る原因は老化!

    40代50代の美容やお役立ち情報

    【ハンドピュレナの効果とは】手の甲の血管が浮き出る女性必見!
  5. 季節の変わり目は自律神経の乱れが原因!秋の眠気と体調の関係は?

    美容・健康

    季節の変わり目は自律神経が乱れる時期!秋の眠気と体調の関係は?
PAGE TOP