トランス脂肪酸はパン屋のパンには入ってない?スーパーやコンビニパンは?

食品関係

トランス脂肪酸はパン屋のパンには入ってない?スーパーやコンビニパンは?

今や健康に悪いものとしてすっかり知られるようになったトランス脂肪酸

日本でもスーパーやコンビニで売られているパンには、トランス脂肪酸が入っているのでは?と気になっている人も多いようですね。

しかし最近では、小さなパン屋さんから大手製パン会社まで、トランス脂肪酸をなるべく避けようという流れがあるようです。

 

スポンサーリンク

 

 トランス脂肪酸とは?良くないと言われるのは何故?

 

トランス脂肪酸とは?良くないと言われるのは何故

 

トランス脂肪酸は液体の油脂から固体の油脂を作るときに多くできてしまうもので、マーガリンやショートニング、業務用の揚げ油や、ホイップクリームなどのクリーム類に含まれます。

トランス脂肪酸をたくさんとると、悪玉コレステロールが増えて善玉コレステロールが減るといわれていますし、心臓病のリスクも高くなります。

肥満やアレルギーに関係しているという報告もあります。

アメリカなど、食事に脂肪が多いことが問題になっている国では、表示の義務付けや規制が始まっていますが、日本ではまだガイドラインがあるだけで義務はありません。

では、何故日本では義務づけられていないのでしょう?

それは、日本国民のトランス脂肪酸摂取量は、WHOが推奨する総エネルギー比1%未満を下回っており、通常の食生活では健康への影響は小さいという、食品安全委員会の見解に基づいているという理由をあげています。

しかし、消費者の厳しい目が段々と広がりつつあります。

消費者もテレビやネットなどから個々が情報を得る現代では、食品安全委員会の見解だけでは納得しなくなってくるのではないでしょうか。

トランス脂肪酸の悪者ぶりがテレビの情報番組などで広まったことで、油脂メーカーや製パン会社では、進んで商品中のトランス脂肪酸を減らして情報を公開するようになってきているのが現状です。

私達消費者も、そういった動きがあれば、ある程度は安心して購入する事が出来ますね。

 パン屋のパンにトランス脂肪酸が使われている可能性は?

 

パン屋のパンにトランス脂肪酸が使われている可能性は?

もしかしたら毎日、朝昼と口にするこのパンで知らず知らず害のある量をとってしまっているのかも・・・と、トングを手に、迷ってしまうかもしれません。

トランス脂肪酸はマーガリンやショートニングに入っていることが多く、もちろんそれらを使って作られたパンやドーナツなどにも含まれます。

バターや牛乳などの乳製品にも、ごくわずかながら天然のトランス脂肪酸が含まれているので、どんなパン屋さんであってもトランス脂肪酸ゼロ!とうたうことは無理かもしれません。

ですが最近は、材料にこだわった小さなパン屋さんが町のあちこちに見られるようになり、そういうお店ではマーガリンやショートニング、業務用のクリームなどを使用していないところも多いので、安心してパンを選べそうです。

またマーガリンやショートニングでも、トランス脂肪酸を減らしたものやゼロのものもあるので、お店の人に「油脂はどんなものを使っていますか?」と聞いてみるのもいいでしょう。

こだわっているパン屋さんほど、きちんと答えてくれるはずですよ。

それでも気になるようであれば、油脂の多いパンや揚げ物を避けるといいかもしれません。

デニッシュやクロワッサン、ドーナツの代わりに、フランスパンなどハード系の食事パンをメインに選べば、トランス脂肪酸の値は確実に下がります。

 

スポンサーリンク

 

 スーパーやコンビニのパンは安心?

 

スーパーやコンビニのパンは安心

 

大手製パン会社やコンビニの自主ブランドでは、トランス脂肪酸を減らす取り組みをホームページに載せているところも増えてきました。

成分表をチェックすることができれば、いつも買っているパンに含まれるトランス脂肪酸の量がわかります

WHO(世界保健機関)は今年、2023年までに人工のトランス脂肪酸をゼロにする計画を発表しました。

世界的な流れに押されて、これからは日本でも表示義務や規制が始まることになるかもしれません。

ニュースや情報番組でトランス脂肪酸が取り上げられることがまた増えれば、それだけでもメーカーは対応を迫られるでしょう。

すでにマーガリンは、トランス脂肪酸の害があるものとしてやり玉に挙げられ、消費が落ちてしまっていますので、マーガリン製造会社の中にはこのWHOのニュースの先手を打って、トランス脂肪酸を含まない商品をアピールしているところもあります。

トランス脂肪酸というとマーガリンのイメージが強いですからね。

そこで、マーガリンの製造会社も手を打ってくれるというのはありがたい話ではありますが、マーガリンそのものより、お菓子や油脂を多く含む食品などからトランス脂肪酸を多く摂ってしまっている部分は大きいといえますね。

マーガリンだけにこだわらず、お菓子や油脂を多く含む食品の食べ過ぎに注意する方がよっぽど安全とも言えますね。

 

パンで太る体質とその理由は?朝におすすめのパンや原料について

 

スポンサーリンク

 

季節の変わり目は自律神経の乱れが原因!秋の眠気と体調の関係は?季節の変わり目は自律神経が乱れる時期!秋の眠気と体調の関係は?前のページ

50代女性の基礎代謝を上げる方法!オススメのサプリで体型にも変化が起こる!次のページ50代女性の基礎代謝を上げる方法!体型にも変化が!

ピックアップ記事

  1. 大阪の安いプール!人気のスライダー付きなど穴場24選紹介!
  2. 紫外線が強い時間帯は?4、5月の紫外線の量と日焼けに要注意!
  3. 新札を使う意味とマナーは?祝い事で新札を準備できない時は?
  4. 目からの紫外線で肌がシミになる!簡単にUVカット対策を!
  5. お金をかけずに肌を綺麗にする方法!一週間で効果あり!30・40代からでも大丈夫!…

関連記事

  1. トマト味噌汁はまずい?美味しい理由と効果はコレ!作り方は簡単に!

    美容・健康

    トマト味噌汁はまずい?美味しい理由と効果はコレ!作り方は簡単に!

    お味噌汁に入れる具材って、家庭によって様々ですよね。お豆腐にわ…

  2. 美容・健康

    にんにくオリーブオイル漬け油(アホエン)の効果は認知症や脳の若返りに絶大!

    年齢を重ねていくと、認知症などが心配になってくる人も多いかと思います。…

  3. 揚げ油の酸化防止は梅干し!なぜ?その理由と使用回数について

    食品関係

    揚げ油の酸化防止は梅干し!なぜ?その理由と使用回数について

    油は加熱により酸化が急速に進みます。油が酸化する事によって『過…

  4. 生野菜と乾燥野菜、焼き野菜の栄養価とオススメはどれ?

    食品関係

    生野菜と乾燥野菜、焼き野菜の栄養価の違いは?オススメの食べ方は?

    「栄養バランスの良い食事をとりましょう!」という事は、よく言われていま…

  5. パンで太る体質とその理由は?朝におすすめのパンや原料について

    食品関係

    パンで太る体質とその理由は?朝におすすめのパンや原料について

    パンって、なんとなくご飯より太りそう・・・というイメージはありませんか…

  6. 大根の煮物の保存期間は?煮汁はどうする?冷蔵・冷凍どっちがおすすめ?

    食品関係

    大根の煮物の保存期間は?煮汁はどうする?冷蔵・冷凍どっちがおすすめ?

    味の染みた大根の煮物って美味しいですよね!特に冬の大根は、甘み…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. エアコン掃除で業者が部品を壊したら弁償してもらえる?私の体験…
  2. 20代女性の尿もれ意外に多い?無意識に出る尿もれの原因と対策…
  3. 窓際の紫外線が怖い!UVAが到達する距離はどの位?窓の対策は…
  4. 汗をかいた後の香水は匂いに変化が?夏は特に注意!対策は?
  5. チョウバエの幼虫は死なない?排水口にいる黒くて細長い虫を駆除…
スポンサーリンク
  1. 祝い事関係

    新札を使う意味とマナーは?祝い事で新札を準備できない時は?
  2. 美容・健康

    サージカルマスクとは?メディカルマスクとどう違うの?特徴や効果は?
  3. 美容・健康

    夏に汗で背中や胸がかゆくてぶつぶつが出る病気の原因と治し方
  4. 美容・健康

    頭皮のにおいが臭い!彼氏にバレる前にシャンプー以外のケアも!
  5. 美容・健康

    紫外線が強い時間帯は?4、5月の紫外線の量と日焼けに要注意!
PAGE TOP