美容・健康

蜂蜜の悪いところって?食べすぎるとどうなる?効能や副作用について

甘くておいしい蜂蜜は、美味しいだけではなく身体にも言い!と言われていますよね。

ただ・・・身体にいい!といっても蜂蜜って一体どんな効能があるのか知っていますか?

なんとなく身体にいいって言われているから、美味しいからとタップリと食べている!という人もいるかもしれません。

いくら体に良いといっても、食べすぎてしまっても大丈夫なものなのか。。。?

蜂蜜の副作用ってあるんでしょうか?

蜂蜜の効能や、適切な摂取量について詳しく紹介いたします!

スポンサーリンク

 蜂蜜の効能や栄養素

 

蜂蜜の効能や栄養素

蜂蜜には一体、どのような栄養素や効能があるんでしょうか?

まず、はちみつにはとても多くの栄養素が含まれています。

・ミネラル

このミネラルは身体の組織を作るのに必要な栄養素で、骨や血液、歯など身体を作るためにとても重要な栄養素です。

ミネラルは身体の中で生成することができないものなので、体外から摂取することが必須となっている栄養素です。

このミネラルが蜂蜜には豊富に含まれています。

・ビタミン

ビタミンCやビタミンB1、B2が蜂蜜には豊富に含まれています。

風邪の予防にはビタミンCが、疲労や食欲不振の予防にはビタミンB1が、肝臓の働きを強める効果がビタミンB2にはあります。

蜂蜜を食べることで、身体の調子を整えることができるんですね。

・アミノ酸

実はアミノ酸が含まれている蜂蜜はダイエット効果も期待できると言われています。

甘くておいしい蜂蜜は、ダイエットには向いていないのでは?と思われがちですがアミノ酸が体脂肪の燃焼を促す作用があるためダイエットにもおすすめの食材なんですね。

そして、このアミノ酸は肌細胞を作る手助けも行うため、肌の老化やくすみの防止にも効果が期待できます。

・ポリフェノール

肌の老化防止に効果があると言われているポリフェノールも蜂蜜には含まれています。

他にも、生活習慣病の予防にもつながると言われています。

・保湿効果

栄養素が豊富な蜂蜜は、食べることでの健康効果があるんですが実は食べるだけではなくパックやクレンジングとしても嬉しい効果があるんです!

蜂蜜を直接顔になじませ、顔をすすぐことで毛穴の汚れをしっかり浮かせて洗う事ができ保湿効果もばっちりなんです!

 蜂蜜に悪いところってあるの?副作用は?

 

蜂蜜に悪いところってあるの?副作用は?

蜂蜜はもちろん薬ではないため、副作用は無いといわれています。

ただし1歳未満の乳児に食べさせると乳児ボツリヌス症にかかってしまう危険があるため、食べさせることは厳禁ですので、そこは注意しましょう。

ただ「1歳未満の子供に食べさせない方が良い」と聞くと「他にも副作用があるのかな?」と気になると思います。

しかし、「副作用」と呼ばれる様な症状は、出ないので安心してください。

といっても、食べ過ぎるともちろん体に影響は出ます。

 蜂蜜を食べすぎるとどうなる?適切な摂取量は?

 

蜂蜜を食べすぎるとどうなる?適切な摂取量は?

蜂蜜はこんなにも身体にいい効果がありますし、何よりもとても美味しくついつい食べすぎてしまうかもしれません。

ただ、食べすぎてしまうと体調を崩してしまうという事は大いにありえます。

・下痢

はちみつには、グルコン酸という成分が含まれており腸を活性化させる働きがあります。

少しの量でも腸が活性化することを感じることができるため、蜂蜜を食べすぎてしまうことで、下痢になってしまうことがあります。

・太ってしまう

白砂糖に比べるとカロリーの低い蜂蜜ですが食べすぎてしまうと太ってしまいます。

蜂蜜には果糖が含まれておりこれは、脂肪として肝臓に蓄えられやすいといわれている糖分なんです。

他にも中性脂肪の多いぶどう糖が含まれており食べすぎると太ってしまう可能性があります。

蜂蜜は成人であれば1日当たり約大さじ2杯(30g)程度が適切な摂取量だと言われています。

1度でこの量を食べるのではなく、朝・昼・晩分けて食べるのがおすすめです。

 まとめ

 

まとめ

蜂蜜は美味しいだけではなく、こんなにも身体に嬉しい効果がある食べ物なので、(値段は高いですが)日々の食事に少しずつでも摂り入れていきたいですね!

そして食べるだけではなく、「毛穴の汚れをスッキリさせる」「保湿にも効果がある」といった、美容にも利用出来る食品です。

化粧品やハンドクリームに「蜂蜜入り」と書かれている理由は、納得出来ますね。

ただし食べすぎてしまうと、下痢や太ってしまう原因となってしまうため、そこだけは注意しましょう。

スポンサーリンク

野菜の煮物は水から煮る方が良い?お湯から茹でる方が良い野菜の種類は?前のページ

チョウバエの幼虫は死なない?排水口にいる黒くて細長い虫を駆除するには?次のページ

ピックアップ記事

  1. 頭皮のにおいが臭い!彼氏にバレる前にシャンプー以外のケアも!
  2. 2020年小学校卒業式男子の服装と靴!スーツが人気?2019年画像からおすすめを…
  3. 目からの紫外線で肌がシミになる!簡単にUVカット対策を!
  4. くしのほこりの取り方と予防法!ヘアブラシの白い汚れを簡単に取るには?
  5. 手の甲の血管が浮き出る原因は老化!40代50代女性手の老化改善方法とは?

関連記事

  1. ギリシャヨーグルトダイエットするには朝か夜どっちに食べる?特徴は?

    美容・健康

    ギリシャヨーグルトダイエットするには朝か夜どっちに食べる?特徴は?

    ダイエットって、辛い・・・なんてイメージがある人も多いのではないでしょ…

  2. 美容・健康

    5月病はいつまで続く?子供もなる可能性アリ?治し方について

    昔から5月になると、あちらこちで言われる5月病。最近ではあまり…

  3. 希少糖(レアシュガー)商品、ヨーグルスタンドの効果や危険性とは?

    美容・健康

    希少糖(レアシュガー)商品、ヨーグルスタンドの効果や危険性とは?

    希少糖(レアシュガー)が入った商品は、少しずつ増えていますね。…

  4. トランス脂肪酸はパン屋のパンには入ってない?スーパーやコンビニパンは?

    食品関係

    トランス脂肪酸はパン屋のパンには入ってない?スーパーやコンビニパンは?

    今や健康に悪いものとしてすっかり知られるようになったトランス脂肪酸。…

  5. 美容・健康

    20代の毛穴対策におすすめの化粧下地は?皮脂を抑える効果が高いものをチョイス!

    10代20代は、皮脂の過剰な分泌で化粧崩れしやすいんですよねー。。…

  6. 揚げ油の酸化防止は梅干し!なぜ?その理由と使用回数について

    食品関係

    揚げ油の酸化防止は梅干し!なぜ?その理由と使用回数について

    油は加熱により酸化が急速に進みます。油が酸化する事によって『過…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. エアコン掃除で業者が部品を壊したら弁償してもらえる?私の体験…
  2. 20代女性の尿もれ意外に多い?無意識に出る尿もれの原因と対策…
  3. 窓際の紫外線が怖い!UVAが到達する距離はどの位?窓の対策は…
  4. 汗をかいた後の香水は匂いに変化が?夏は特に注意!対策は?
  5. チョウバエの幼虫は死なない?排水口にいる黒くて細長い虫を駆除…
スポンサーリンク
  1. 美容・健康

    夏に汗で背中や胸がかゆくてぶつぶつが出る病気の原因と治し方
  2. 美容・健康

    お金をかけずに肌を綺麗にする方法!一週間で効果あり!30・40代からでも大丈夫!…
  3. ダニにエタノール消毒って効くの?布団にも使えるの?

    ダニ・ノミ・害虫

    ダニにエタノール(アルコール)消毒って効くの?布団にも使えるの?
  4. 夏・レジャー

    大阪の安いプール!人気のスライダー付きなど穴場24選紹介!
  5. 美容・健康

    目からの紫外線で肌がシミになる!簡単にUVカット対策を!
PAGE TOP