食品関係

ブロッコリースプラウトと豆苗の栄養素の違いについて!好みで選ぶ方が良い?

スーパーで豆苗やブロッコリースプラウトを見かけると、見た目が似ていて、何が違うんだろう??なんて疑問に思ったことはありませんか?

豆苗とブロッコリースプラウトはどちらも、芽が出たばかりで食べるというものなんですが、売られているパッケージや見た目もとても似ているんですよね!

ただ、この二つ・・・育つと全然違う野菜になるんですよ。

豆苗は育つとエンドウ豆となり、ブロッコリースプラウトはブロッコリーとなります。

違う野菜ということは、芽の時点で味などにも違いがあるんです。

それに、野菜は美味しさや味はもちろんなんですが、栄養素も気になりますよね。

そんな豆苗とブロッコリースプラウトは、どういった栄養素が含まれているんでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 ブロッコリースプラウトの栄養素について

 

ブロッコリースプラウトの栄養素について

ブロッコリースプラウトは栄養素が高い!ということでも人気の野菜です。

テレビ番組などでもよく取り扱われていて、放送された翌日にはスーパーのブロッコリースプラウトが即売り切れ!なんて事もありましたよね。

そんなブロッコリースプラウトに含まれている栄養素はこういったものがあります。

・ビタミンC

ビタミンCというと、健康のために積極的に摂取したい栄養素です。

どうして摂取したいのか・・・

ビタミンCには体にとって様々な効果が期待できるんです。

メラニンの生成を抑える効果があり、くすみやシミの予防、皮脂の分泌を低下させ毛穴を小さくなる効果も期待できるんです。

お肌のために欠かせないんですね。

他にも、ストレスを解消するために欠かせないとされている副腎皮脂ホルモンの材料となりストレスを軽減させるために欠かせない栄養素となっています。

・βカロテン

βカロテンは、身体の中に入るとビタミンAに変化します。

ビタミンAは粘膜や皮膚を健康に保ち、眼の健康を維持するためにも効果があります。

・食物繊維

食物繊維は、腸内環境を整えるためには欠かせない栄養素です。

食物繊維には水に溶ける水溶性と水に溶けない不溶性というものがあります。

どちらか一方だけを摂取しても逆効果になってしまうんですが、ブロッコリースプラウトには水溶性と不溶性どちらも含まれているんです!

・スルフォラファン

ブロッコリースプラウトが注目を集めるきっかけとなったのは、こちらの栄養素といってもいいかもしれません。

このスルフォラファンというのは、フィトケミカルと呼ばれている成分の中の1種です。

このフィトケミカルは、植物が虫や紫外線から自身を守るために作り出す香りや辛みなどの成分のことです。

この植物を守るための成分が、人の健康にも効果が期待できるんだそうです。

抗酸化作用のあるフィトケミカルは、身体の酸化を抑える効果が期待できるため老化を防ぐ効果があるんです。

更に、肝臓にも効果があり肝臓は食事などで摂取したカロリーをエネルギーに変える働きがあります。

この肝臓は、暴飲暴食や大気中に漂う化学物質などによってダメージを受けてしまうこともあります。

スルフォラファンには化学物質の解毒効果や、肝臓の炎症を抑制する効果が期待されている成分なのです。

 豆苗の栄養素について

 

豆苗の栄養素について

安くて美味しい・・・更に栄養も豊富!と、こちらもブロッコリースプラウトに負けず劣らず人気の野菜、豆苗ですが、どんな栄養素が含まれているんでしょうか?

・βカロテン

βカロテンは、体の中に入るとビタミンAに変わります。

このビタミンA(βカロテン)は、粘膜や皮膚を健康に保つために重要な栄養素です。

βカロテンは体内に入ると、小腸上皮細胞でビタミンAに変換されるのですが、豆苗には、このβカロテンが緑黄色野菜の王様と言われる、ほうれん草よりも上回るというのですから、このヒョロヒョロした見た目からは想像つかないですね。^^;

更にビタミンAは、目が暗い場所でもしっかりと見えるようにるような見え方に関わる物質を作り出す働きもあるんです。

・ビタミンK

ビタミンKは、骨を作ることに関わっている栄養素で血を止める働きもあります。

血液を固めるための物質は肝臓で作られているんですが、ここに働きかけるのがビタミンKなんです。

・ビタミンC

ビタミンCは美肌にも効果があると言われている栄養素です。

メラニン色素の生成を抑える効果があるため、お肌のためにも積極的に摂取したい栄養素です!

粘膜を健康に保つためにも重要な栄養素で、風邪予防などにも重要な栄養素となっています。

 味や栄養素などで自分に合う方を選んで!

 

味や栄養素などで自分に合う方を選んで!

豆苗とブロッコリースプラウトは、ビタミンCやβカロテンといった共通の栄養素もありますが、それぞれの栄養素の違いもあります。

そして、違う野菜ということもあり、味にも違いがあります。

ブロッコリースプラウトと豆苗ですが、豆苗の方がエグミを感じやすいため、ブロッコリースプラウトの方が食べやすいといわれることも多いんです。

しかし、この豆苗のえぐみが好き!という人も実は、多いんですよね。

なので、どちらかの栄養素にこだわっていないのならば、好みの味で決める方が良いかもしれません。

更に豆苗は、再生栽培ができることでも知られており、適切な栽培をすることで、切っても1週間に1回程度収穫することができます。

何回か栽培することができるんですが、回数を重ねるごとに伸びが悪くなって言ってしまいます。

1~2回程度でしたら問題なく伸びることが多いので、繰り返し食べることが出来ますし、節約している!という人には、豆苗は特におすすめですよ。

 まとめ

 

まとめ

豆苗とブロッコリースプラウト、見た目も味も似ているんですが、元々の野菜が違っており栄養素にも差があります。

再生栽培は、豆苗でしかできないため注意してくださいね。

どちらもリーズナブルで栄養素の高い野菜です!

栄養素はもちろんなんですが味の好みの方を選ぶことで、美味しく食べることができますよ。

 

スポンサーリンク

アンガーマネジメントは胡散臭い?どんな内容で費用は?継続すれば変わるのか?前のページ

乾燥剤の代用品は?お菓子や砂糖・塩などに最適なのは?靴箱やクローゼットには?次のページ

ピックアップ記事

  1. 新札を使う意味とマナーは?祝い事で新札を準備できない時は?
  2. 手の甲の血管が浮き出る原因は老化!40代50代女性手の老化改善方法とは?
  3. 50代女性の基礎代謝を上げる方法!オススメのサプリで体型にも変化が起こる!
  4. くしのほこりの取り方と予防法!ヘアブラシの白い汚れを簡単に取るには?
  5. ダニにエタノール(アルコール)消毒って効くの?布団にも使えるの?

関連記事

  1. 美容・健康

    蜂蜜の悪いところって?食べすぎるとどうなる?効能や副作用について

    甘くておいしい蜂蜜は、美味しいだけではなく身体にも言い!と言われていま…

  2. 美容・健康

    子どもの免疫力を上げる食べ物や飲み物は?腸内環境と免疫力の関係

    普段から子どもの健康には気を使っている!というママさん、パパさんも多い…

  3. シナモンの効果的な飲むタイミングと量は?乾燥肌やシミなど美容に最適

    美容・健康

    シナモンの効果的な飲むタイミングと量は?乾燥肌やシミなど美容に最適

    アップルパイや、トースト、飲み物などに使われることの多いシナモン。…

  4. 炭酸水は胃に良い?悪い?胃が荒れるのは本当?胃酸過多なら注意!

    美容・健康

    炭酸水は胃に良い?悪い?胃が荒れるのは本当?胃酸過多なら注意!

    最近、肌にも良くてダイエットにも良いと言われて流行っている炭酸水ですが…

  5. 美容・健康

    ポリアミンを含む食材LKM512ヨーグルトで敏感肌が改善!体験ブログ

    アレルギーやアンチエイジング、または敏感肌まで改善方向へ導く手助けをし…

  6. 食品関係

    お弁当!夏場の傷まない対策とコツ!保冷剤や食材以外にも気をつけて!

    毎日お弁当を作っている人にとっては、夏場は一番気を使うものですよねー!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. エアコン掃除で業者が部品を壊したら弁償してもらえる?私の体験…
  2. 20代女性の尿もれ意外に多い?無意識に出る尿もれの原因と対策…
  3. 窓際の紫外線が怖い!UVAが到達する距離はどの位?窓の対策は…
  4. 汗をかいた後の香水は匂いに変化が?夏は特に注意!対策は?
  5. チョウバエの幼虫は死なない?排水口にいる黒くて細長い虫を駆除…
スポンサーリンク
  1. 手の甲に血管が浮き出る原因は老化!

    40代50代の美容やお役立ち情報

    手の甲の血管が浮き出る原因は老化!40代50代女性手の老化改善方法とは?
  2. ダニにエタノール消毒って効くの?布団にも使えるの?

    ダニ・ノミ・害虫

    ダニにエタノール(アルコール)消毒って効くの?布団にも使えるの?
  3. くしにほこりがつくのは何故?白い汚れがつく原因や取り方は?

    暮らしに関係する事

    くしのほこりの取り方と予防法!ヘアブラシの白い汚れを簡単に取るには?
  4. 美容・健康

    目からの紫外線で肌がシミになる!簡単にUVカット対策を!
  5. 美容・健康

    紫外線が強い時間帯は?4、5月の紫外線の量と日焼けに要注意!
PAGE TOP