美容・健康

顔の産毛は処理しない(剃らない)方が良い?メリットとデメリットについて

女性は、夏など肌を出すファッションをするようになると身体のムダ毛が気になりますよねー!

腕や足などは、夏だけ処理すればいいかな・・・なんて思っている人も結構多いんですが、季節問わず外に出ている部分・・・

そう!顔の産毛って気になりますよね!

身体の一番人に見られる部分といってもいい顔も、結構産毛が生えてくるんですよね。

そして、お化粧をする時に産毛が生えているとファンデーションが浮いてしまったりすることもあります。

そのため、顔の産毛を処理しているという人が多いかと思うんですが、実はこの顔の産毛の処理って日本人だけ!ともいわれているんです。

それは本当なんでしょうか?

そして、顔の産毛を処理するメリットやデメリットって?

 

スポンサーリンク

 

 顔の産毛を処理(脱毛・剃る)するのは日本人だけ?

 

顔の産毛を脱毛(処理)するのは日本人だけ?

 

日本人の女性は、お化粧をするようになるころから顔の産毛を処理する人が多いんですが、海外の人たちはあまり顔の産毛を処理することはないんだそうです。

元々、欧米の女性は日本人とは違い、毛の色が薄いため処理をしなくてもそこまで目立たないんだそうですよ。

そのため、わざわざ産毛の処理をする必要がないんですね。

日本以外のアジア圏の人たちは、産毛も日本人とそこまで変わりませんがあまりムダ毛を処理するという習慣がない地域もあります。

顔の産毛に限らず、脇や足などのムダ毛の処理をしていないこともよくあることなんです。

 

 顔の産毛を処理するメリット

 

顔の産毛を処理するメリット

 

そもそも、顔の産毛を処理するメリットって一体何があるんでしょうか?

・メイクノリが良くなる

顔に産毛が生えていると、ファンデーションが上手く肌にのらなくなってしまいます。

そして、時間が経つごとに産毛部分に汗が集まってしまい、ファンデーションがよれたりムラになってしまうことがありますが、産毛を処理することでメイクのノリが良くなり、メイク崩れを予防することができます。

・ニキビができにくい

毛穴に皮脂が詰まってしまうと、ニキビができてしまいます。

顔の産毛を処理すると、余計な皮脂を取り除くこともできるのでニキビができにくくなります。

ただし、産毛処理の際に角質層を傷つけると、肌のバリア機能が低下し、ニキビやトラブルの原因になる事もあるので、そっと優しくカミソリを当てて、常に新しいカミソリを使う事が重要になります。

・くすみ改善

顔の産毛には、メラニンが含まれています。

そのため、産毛を処理しないと肌が黒ずんで見えてしまうんですね。

産毛を処理すると、肌が明るく見える効果があります。

 

 顔の産毛を処理するデメリット

 

顔の産毛を処理するデメリット

 

顔の産毛を処理するのは、メリットだけではなくデメリットもあります。

・肌荒れを起こしてしまう

産毛の処理の方法としてカミソリを使う人が多いんですが、定期的に処理する必要があるので肌荒れを起こしてしまうことがあります。

脱毛へ通うという人もいますが、脱毛の刺激によって乾燥してしまったりと肌荒れしてしまう人もいるんですよ。

・乾燥しやすくなる

産毛には肌を保湿する働きもあるので産毛を処理すると、肌がむき出しとなるので乾燥しやすくなってしまいます。

・紫外線ダメージを受ける

産毛を処理すると、紫外線が直接肌に当たることになってしまうため肌が紫外線ダメージを受けやすくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

 まとめ

 

まとめ

 

日本人には当たり前の『顔の産毛処理』ですが、他国では産毛がお肌を守る役目をしている。と認識しています。

なので、顔の産毛を処理する事に対し、びっくりする様です。

確かに顔の産毛を処理することで、メリットもデメリットも両方あります。

産毛を処理するときには、できるだけ肌にダメージが少ないように事前に乳液やクリームを塗ってから顔用のカミソリを使って処理するようにしなければ、逆に肌荒れやトラブルの元になります。

産毛を処理した後には肌荒れを起こしてしまわないように、化粧水などでお肌のケアをしっかりと行うようにしましょう。

産毛が生えているとメイクノリが悪いから、見た目が気になるからとこまめに処理することも多いかもしれませんが、その分お肌のダメージは大きくなってしまいます。

やはり、少なからずとも角質層を削ってしまっているので、敏感肌になってしまう。という事も大いにあるからです。

長期休みなど、あまり外出しないという時などは産毛の処理もお休みするようにするといいですよ。

 

スポンサーリンク

 

ピックアップ記事

  1. 寒い朝は起きれない!スッキリ起きる方法や対策を紹介!
  2. 枕の理想の高さはどうやって決まる?調整時は横向きでの判断も必要!
  3. 50代女性の基礎代謝(新陳代謝)を上げる方法!体型にも変化が起こる!
  4. 生きた建築ミュージアム大阪2019秋の観光に!日程と見どころ!
  5. 石田ゆりこと石田ひかり姉妹は似てる?人気の逆転や結婚の違いとは?

関連記事

  1. 寝る時に靴下を履くのはよくない

    40代50代の美容やお役立ち情報

    寝る時靴下を履くのはよくない?冷え症の対策としてアリかナシか?

    足が冷たくて冷たくてまた今日も眠れないのでは・・・と思うと、布団に入る…

  2. 40代50代の美容やお役立ち情報

    顎の大人ニキビが治らない!女性ホルモンの乱れや更年期障害が原因?!

    繰り返す大人ニキビはイヤですよね。治ったと思えばまた現れる・・・の繰り…

  3. 美容・健康

    おならの臭いの種類と食べ物について!便秘じゃなくても臭くなるの?

    おならの臭いって、日によって違いますよねー。食べたもので変わっ…

  4. 美容・健康

    おにぎりとパンはどっちが腹持ちが良い?カロリーやダイエットに向いているのは?

    炭水化物は太る!というイメージはありますよね。しかし、パン、ご…

  5. 昆布水が白髪に効く理由は?髪の毛との関係や昆布水の作り方を紹介!

    美容・健康

    昆布水が白髪に効く理由は?髪の毛との関係や昆布水の作り方を紹介!

    NHKのあさイチで紹介されてから話題となった「昆布水」。かつお…

  6. 美容・健康

    お金をかけずに肌を綺麗にする方法!一週間で効果あり!30・40代からでも大丈夫!

    肌を綺麗にする方法は、お金がかかると思っていませんか?しかも、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. トマト味噌汁はまずい?美味しい理由と効果はコレ!作り方は簡単…
  2. ハンドベインは20代の若い世代でもなる可能性が!予防と生活習…
  3. 昆布水が白髪に効く理由は?髪の毛との関係や昆布水の作り方を紹…
  4. 抱っこひもはいつまで使う?ベビーカーは何歳まで?保育園や幼稚…
  5. 黒カビがついた歯ブラシを使った!大丈夫?カビの予防法や交換時…
スポンサーリンク
  1. くしにほこりがつくのは何故?白い汚れがつく原因や取り方は?

    暮らしに関係する事

    くしのほこりの取り方!ヘアブラシの汚れを取る方法と白い汚れの原因や正体も紹介!
  2. 手の甲に血管が浮き出る原因は老化!

    40代50代の美容やお役立ち情報

    手の甲の血管が浮き出る原因は老化!40代50代女性手の老化改善方法とは?
  3. 枕の理想の高さはどうやって決まる?調整時は横向きでの判断も!

    美容・健康

    枕の理想の高さはどうやって決まる?調整時は横向きでの判断も必要!
  4. 美容・健康

    寒い朝は起きれない!スッキリ起きる方法や対策を紹介!
  5. 美容・健康

    頭皮のにおいが臭い!彼氏にバレる前にシャンプー以外のケアも!
PAGE TOP