美容・健康

顔の産毛は処理しない(剃らない)方が良い?メリットとデメリットについて

女性は、夏など肌を出すファッションをするようになると身体のムダ毛が気になりますよねー!

腕や足などは、夏だけ処理すればいいかな・・・なんて思っている人も結構多いんですが、季節問わず外に出ている部分・・・

そう!顔の産毛って気になりますよね!

身体の一番人に見られる部分といってもいい顔も、結構産毛が生えてくるんですよね。

そして、お化粧をする時に産毛が生えているとファンデーションが浮いてしまったりすることもあります。

そのため、顔の産毛を処理しているという人が多いかと思うんですが、実はこの顔の産毛の処理って日本人だけ!ともいわれているんです。

それは本当なんでしょうか?

そして、顔の産毛を処理するメリットやデメリットって?

 

スポンサーリンク

 

 顔の産毛を処理(脱毛・剃る)するのは日本人だけ?

 

顔の産毛を脱毛(処理)するのは日本人だけ?

 

日本人の女性は、お化粧をするようになるころから顔の産毛を処理する人が多いんですが、海外の人たちはあまり顔の産毛を処理することはないんだそうです。

元々、欧米の女性は日本人とは違い、毛の色が薄いため処理をしなくてもそこまで目立たないんだそうですよ。

そのため、わざわざ産毛の処理をする必要がないんですね。

日本以外のアジア圏の人たちは、産毛も日本人とそこまで変わりませんがあまりムダ毛を処理するという習慣がない地域もあります。

顔の産毛に限らず、脇や足などのムダ毛の処理をしていないこともよくあることなんです。

 

 顔の産毛を処理するメリット

 

顔の産毛を処理するメリット

 

そもそも、顔の産毛を処理するメリットって一体何があるんでしょうか?

・メイクノリが良くなる

顔に産毛が生えていると、ファンデーションが上手く肌にのらなくなってしまいます。

そして、時間が経つごとに産毛部分に汗が集まってしまい、ファンデーションがよれたりムラになってしまうことがありますが、産毛を処理することでメイクのノリが良くなり、メイク崩れを予防することができます。

・ニキビができにくい

毛穴に皮脂が詰まってしまうと、ニキビができてしまいます。

顔の産毛を処理すると、余計な皮脂を取り除くこともできるのでニキビができにくくなります。

ただし、産毛処理の際に角質層を傷つけると、肌のバリア機能が低下し、ニキビやトラブルの原因になる事もあるので、そっと優しくカミソリを当てて、常に新しいカミソリを使う事が重要になります。

・くすみ改善

顔の産毛には、メラニンが含まれています。

そのため、産毛を処理しないと肌が黒ずんで見えてしまうんですね。

産毛を処理すると、肌が明るく見える効果があります。

 

 顔の産毛を処理するデメリット

 

顔の産毛を処理するデメリット

 

顔の産毛を処理するのは、メリットだけではなくデメリットもあります。

・肌荒れを起こしてしまう

産毛の処理の方法としてカミソリを使う人が多いんですが、定期的に処理する必要があるので肌荒れを起こしてしまうことがあります。

脱毛へ通うという人もいますが、脱毛の刺激によって乾燥してしまったりと肌荒れしてしまう人もいるんですよ。

・乾燥しやすくなる

産毛には肌を保湿する働きもあるので産毛を処理すると、肌がむき出しとなるので乾燥しやすくなってしまいます。

・紫外線ダメージを受ける

産毛を処理すると、紫外線が直接肌に当たることになってしまうため肌が紫外線ダメージを受けやすくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

 まとめ

 

まとめ

 

日本人には当たり前の『顔の産毛処理』ですが、他国では産毛がお肌を守る役目をしている。と認識しています。

なので、顔の産毛を処理する事に対し、びっくりする様です。

確かに顔の産毛を処理することで、メリットもデメリットも両方あります。

産毛を処理するときには、できるだけ肌にダメージが少ないように事前に乳液やクリームを塗ってから顔用のカミソリを使って処理するようにしなければ、逆に肌荒れやトラブルの元になります。

産毛を処理した後には肌荒れを起こしてしまわないように、化粧水などでお肌のケアをしっかりと行うようにしましょう。

産毛が生えているとメイクノリが悪いから、見た目が気になるからとこまめに処理することも多いかもしれませんが、その分お肌のダメージは大きくなってしまいます。

やはり、少なからずとも角質層を削ってしまっているので、敏感肌になってしまう。という事も大いにあるからです。

長期休みなど、あまり外出しないという時などは産毛の処理もお休みするようにするといいですよ。

 

スポンサーリンク

 

義理チョコのホワイトデーお返し!幼稚園児や保育園児のおすすめを紹介!前のページ

祖父母から孫へのクリスマスプレゼントっていつまで(何歳まで)?相場は?次のページ

ピックアップ記事

  1. ダニにエタノール(アルコール)消毒って効くの?布団にも使えるの?
  2. くしのほこりの取り方と予防法!ヘアブラシの白い汚れを簡単に取るには?
  3. 大阪の安いプール!人気のスライダー付きなど穴場24選紹介!
  4. お金をかけずに肌を綺麗にする方法!一週間で効果あり!30・40代からでも大丈夫!…
  5. 手の甲の血管が浮き出る原因は老化!40代50代女性手の老化改善方法とは?

関連記事

  1. 美容・健康

    かき氷食べても頭痛くならない人の特徴は?アイスクリーム頭痛の治し方は?

    暑い日に食べるかき氷って最高に美味しいですよね!イチゴにメロン…

  2. ハンドベインは20代の若い世代でもなる可能性が!予防と生活習慣について

    美容・健康

    ハンドベインは20代の若い世代でもなる可能性が!予防と生活習慣について

    ハンドベインとは、手の甲の血管がボコボコ浮き出て目立っている状態の事を…

  3. 美容・健康

    ペットボトル症候群は何本くらいからヤバイ?カロリーゼロなら大丈夫?

    最近話題になっているペットボトル症候群。なんとなく聞いた事があ…

  4. トマト味噌汁はまずい?美味しい理由と効果はコレ!作り方は簡単に!

    美容・健康

    トマト味噌汁はまずい?美味しい理由と効果はコレ!作り方は簡単に!

    お味噌汁に入れる具材って、家庭によって様々ですよね。お豆腐にわ…

  5. 希少糖(レアシュガー)商品、ヨーグルスタンドの効果や危険性とは?

    美容・健康

    希少糖(レアシュガー)商品、ヨーグルスタンドの効果や危険性とは?

    希少糖(レアシュガー)が入った商品は、少しずつ増えていますね。…

  6. ニキビ跡のクレーター肌を隠すファンデーションの選び方!おすすめは?

    美容・健康

    ニキビ跡のクレーター肌を隠すファンデーションの選び方!おすすめは?

    若い頃にできたニキビ・・・そのころはあまり気にならなかったのに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. ムダ毛の伸びる早さってどれ位?髪の毛と体毛の伸びるスピードは…
  2. 2024年小学校卒業式男子の服装と靴!スーツが人気?画像でお…
  3. エアコン掃除で業者が部品を壊したら弁償してもらえる?私の体験…
  4. 20代女性の尿もれ意外に多い?無意識に出る尿もれの原因と対策…
  5. 窓際の紫外線が怖い!UVAが到達する距離はどの位?窓の対策は…
スポンサーリンク
  1. くしにほこりがつくのは何故?白い汚れがつく原因や取り方は?

    暮らしに関係する事

    くしのほこりの取り方と予防法!ヘアブラシの白い汚れを簡単に取るには?
  2. 美容・健康

    目からの紫外線で肌がシミになる!簡単にUVカット対策を!
  3. 夏・レジャー

    大阪の安いプール!人気のスライダー付きなど穴場24選紹介!
  4. 美容・健康

    サージカルマスクとは?メディカルマスクとどう違うの?特徴や効果は?
  5. 世界一受けたい授業の酪酸菌の効果を実体験で報告!ミヤリサンとアレルギーについて

    美容・健康

    酪酸菌は何に入ってる?アレルギー効果を実体験で紹介!ミヤリサンがおすすめ!
PAGE TOP