洗濯物を臭わせない方法!梅雨の生乾き臭の原因は干し方や時間?

 

部屋干しに限らず、洗濯物の生乾き臭がする時としない時があるのは何故か?

その違いは、干し方や時間の違いで生乾き臭をかなり抑える事が出来るんです。

 

以前『おはよう朝日』で、洗濯物を臭わせない方法について放送されていました。

特に梅雨はその事に気をつけるだけで生乾き臭がしない様になります。

生乾き臭の原因と、部屋干し方法ついて紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク


 

梅雨じゃなくても洗濯物が臭う日と臭わない日があるのは何故?

 

梅雨じゃなくても洗濯物が臭う日と臭わない日があるのは何故
 

梅雨時期や、室内干しならまだ解るけど、それ以外の日でも洗濯物が臭う時ってありませんか?

 

空気中の酵母(カビ)が原因で臭うのは皆さんご存知だと思うんですが、菌が原因だと解ってはいるものの、菌自体は目に見えないので、昨日の洗濯物は臭わなかったのに今日は臭う・・・・でも、それが何故なのか解らないという方も多いと思います。

 

菌が原因だという事は解りますが、その菌の量が重要になります。

日によって違いがあるのは、菌がある一定の量を超えると臭いを感じる様になりますので、その一定量を超えてしまう日と、そうでない日がある。という事になります。

 

という事は、洗濯物が臭わない様にするには、やはり菌を増やすのを防ぐ事だけなんですよね。

では、菌を繁殖させない為に重要な事を、洗う前から順にポイントをまとめていきたいと思います。

 

洗濯物を臭わせない方法 ①生乾き臭の原因となる菌を繁殖させない

 

洗濯物を臭わせない方法 生乾き臭の原因になる菌を繁殖させない
 

洗濯物の原因菌はいろんな要素で繁殖します。

臭いの原因菌の代表は『モラクセラ菌』です。

モラクセラ菌は一度繁殖すると洗濯後も衣服に残っている菌なんです。

 

このモラクセラ菌を繁殖させない為に出来る事をまとめてみました。

手間もかからず簡単です。ぜひ参考にして下さい。

 

洗う前の洗濯準備

洗濯物ですが、濡れた衣服と、乾いた衣服を一緒にまとめてカゴに入れていると、菌が繁殖しやすくなります。

もし、濡れてるものや明らかに湿っているものは、洗濯するまでの間、別々にしておきましょう。

 

洗濯中に出来る事

出来るだけ柔軟剤を使用しましょう。

柔軟剤は、衣類に膜を張るので、乾燥時間が短くなります。

ですが、量を入れすぎると今度は乾燥時間が長くなりますし、臭いの原因にもなるので、入れすぎない様に注意が必要です。

 

汚れからくる臭い菌

洗濯物の汚れを完全に落としてから干さないと菌が繁殖しやすい事が解っています。

特にモラクセラ菌は、皮脂をエサにしているので皮脂を落とさなければいけません。

洗濯機にたくさん詰め込み過ぎると綺麗に洗えませんので、洗濯機に入れる衣服の量は、7割までにしましょう。

 

脱水の前に

実は、脱水の前に乾いたバスタオルを一緒に入れると乾く時間が短くなります。

乾いたバスタオルが水分をかなり吸ってくれるからです。

後は、脱水を2回にすると乾く時間が短くなるので、出来れば2回する事をおすすめします。

 

洗濯物が臭わない様にする為には、乾く時間が菌の繁殖に関わってきます。

次は、菌が繁殖しない為の重要な早く乾く干し方について紹介させて頂きます。

 

Sponsored Link


 

洗濯物を臭わせない方法 ②干し方と時間が大切!

 

洗濯物が臭う時、湿っている訳ではないですよね。

衣服が湿っているから、生乾き臭がするんじゃないかと思いがちですが、カラカラに乾いていても臭っていますよね。

 

実は、5時間以内に乾かなかったら臭う確立が高いんです。

洗濯物を臭わせない方法は、乾くまでの時間を5時間以内にするという事なんです。

 

洗濯機が止まったら、もちろんすぐに干しにいく事が大切です。

乾くまでの時間が短い程、生乾き臭がしません。

 

干すまでにも、出来るだけ菌は繁殖させない様にした方が良いですが、5時間以内に乾かす事が最も重要です。

では、5時間以内に乾く干し方について紹介します。

 

洗濯物を臭わせない方法 干し方と時間も
 

早く乾かす為に気をつける事

◎ 洗濯物を干す間隔は、こぶし1つ間隔を空けて干していく。

◎ 出来れば太めのハンガーを使う(中に風が通りやすい)

◎ 厚手の衣服は(Gパン等)裏返しで干す。

◎ タオルは、端の方だけかけてブラブラ。(ちょいかけ)

 

室内干しの時にしておいた方が良い事

◎ 30分程、扇風機を下からかける。

◎ 夏はクーラーの除湿を30分程度かける。

 

時間があれば更にやっておいた方が良い事

◎ 脱水の後、アイロンがけをする。

◎ 雨が降りそうな日は降る前まで外で干し、その後室内干しにする。

 

以上の干し方に気をつけると、5時間以内には乾くはずです。

 

でも、もし気をつける事を忘れてしまい、衣服が臭ってしまった場合、その生乾き臭を取る方法を紹介しておきます。

 
40~50℃のお湯に酸素系漂白剤を入れ、そこに生乾き臭がしてしまった衣服をユラユラさせるだけでオッケーです。

その後、すすぎと脱水をして普通に干せば臭いは消えています。
 

洗濯物を臭わせない方法は、いかがでしたでしょうか?

衣服の生乾き臭も嫌ですが、シーツや枕カバーなんかは、嫌な臭いに包まれて眠れないですよね。

 

特に梅雨の季節は、生乾き臭がする事も多いですし、干し方や時間を少し気にするだけで、生乾き臭を防止する事ができます。

しかも、臭いだけじゃなく衛生上良くないですし、肌が荒れたりする原因にもなりますので、モラクセラ菌はしっかり退治するべきですね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ