美容・健康

ポリアミンを多く含む食べ物は?アンチエイジングに効果的?

最近、『アンチエイジングにポリアミンがいい!』なんて聞いたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

ポリアミンは食べ物に含まれているので、食事を意識するだけで簡単に摂ることができると注目を集めているんですね。

ではポリアミンとは、どういった働きをするものなんでしょうか?

そして、本当にポリアミンでアンチエイジングが可能なんでしょうか?

更には、ポリアミンが多く含まれている食べ物についても紹介いたします!

 

スポンサーリンク

 

 ポリアミンとは?どんな働きをするの?

ポリアミンとは?どんな働きをするの?

ポリアミンって言葉あまり聞きなじみがない言葉ですよね。

ポリアミンって一体どういった働きをするのか・・・

実は、ポリアミンというものは1つの成分の名称ではなく成長因子の1つで、スペルミン・スペルミジン・プトレッシンなどをまとめた総称のことなんです。

・・・というと、なんだか難しそうな話ですが。。。

これらは、すべての生物種の細胞に含まれている物なんですが、細胞の成長・増殖、そして細胞が生きていくための生命活動に関与しているとても重要な物質なんです!

ポリアミンは細胞を正常な状態に保つためにはとても大切なんですね。

このポリアミンをつくっていく能力は、年齢を重ねるごとにどんどんと低下して言ってしまうんです。

しかも、18~20歳頃からポリアミンの生合成、生体内濃度が低下していくんですよ!

18~20歳だなんてまだまだ若いのに、この年齢から低下していくだなんて驚きですよね。

このポリアミンの濃度が低下するのが老化の始まり!だなんていう人も・・・

では、このポリアミンの濃度が低下するということは食べ物などで摂取すれば老化防止につながるものなんでしょうか?

 ポリアミンで老化防止(アンチエイジング)は可能?

 

ポリアミンで老化防止(アンチエイジング)は可能?

ポリアミンが減っていくと細胞機能が壊れていきます。

こうなると身体に機能障害が発生してしまうんですね。

これにより、生活習慣病・老年病が発症するリスクが高くなると言われているんです。

逆に言うと、ポリアミン濃度が高ければ、こういった機能障害が発生しにくくなるという事なんです。

そのため、ポリアミンは老化防止につながると考えられているんです。

元々、ポリアミンは細胞の中でつくられているものです。

ただそれが年齢を重ねるごとに低下していく・・・

どうにかしてポリアミンを増やすためには、やはり身体の外から取り入れるという事をすればいいんです!

身体の外から摂取するポリアミンのことを外因性ポリアミンといいます。

という事は、ポリアミンを多く含む食べ物を食べれば良い!という事になりますよね!

では、ポリアミンを多く含む食べ物はどういったものがあるんでしょうか。。。

 ポリアミンを多く含む食べ物は?

 

ポリアミンを多く含む食べ物は?

ポリアミンが含まれている食べ物は色々なものがあります!

大豆・しいたけ・小豆・ピーマン・柑橘類・たらこ・いくら・鶏レバー・牛もつ・ブルーチーズ・マッシュルームなどです。

少しクセがあるような食べ物が多いかなと思った人もいるかもしれません。

確かに、日常の食事ではあまり食べないかなといったような食べ物も多いんですよね。

ブルーチーズやマッシュルーム、鶏レバーなどは、あまり家庭の食卓に出てくるイメージじゃないですよね。

でも、大豆製品などは色々ありますので、手軽に毎日食べれます。

少し意識して、ポリアミンが多く含まれている食べ物を積極的に食べるようにしましょう!

そして、食べ物に含まれているポリアミンですが、どこから吸収されるのかというと、小腸からなんです。

小腸から吸収されたポリアミンが血液に流され身体中の細胞に運ばれていくんです。

そして、ポリアミンが多く含まれている食べ物はもちろんですが、ポリアミン生合成を促進する成分も意識して摂取するようにしましょう。

こうすることで、腸内のポリアミン濃度が上昇します。

それはどういった成分なのか・・・

それは、ビフィズス菌とアルギニンというアミノ酸の一種を一緒に摂るといいんだそうですよ。

アルギニンは、ゼラチンやごま、湯葉などに含まれています。

少量になりますが、鶏肉や豚肉にも含まれているんですよ。

 まとめ

 

まとめ

ポリアミンの濃度がこんなに若い年齢のときから低下するだなんて驚きですよね!

やはり、いつまででも元気でいたい・・・

となると、積極的にポリアミンが含まれている食べ物を食べる!という事ですね!

納豆にはポリアミンが多く含まれていると言われていますので、毎日1パック食べる様にすれば若さを保てるという事になります!

ぜひ、ポリアミンが含まれている食品を意識して食べるようにしましょう!

 

スポンサーリンク

 

40代・50代のパラサイトシングル急増!抜け出す必要性とは?40代・50代のパラサイトシングル急増!特に女性が!抜け出す必要性とは?前のページ

昆布水がセルライトに効く?副作用は?美容やダイエットにも効果あり?次のページ

ピックアップ記事

  1. 酪酸菌は何に入ってる?アレルギー効果を実体験で紹介!ミヤリサンがおすすめ!
  2. 頭皮のにおいが臭い!彼氏にバレる前にシャンプー以外のケアも!
  3. 50代女性の基礎代謝を上げる方法!オススメのサプリで体型にも変化が起こる!
  4. 紫外線が強い時間帯は?4、5月の紫外線の量と日焼けに要注意!
  5. 新札を使う意味とマナーは?祝い事で新札を準備できない時は?

関連記事

  1. 40代50代の美容やお役立ち情報

    顎の大人ニキビが治らない!女性ホルモンの乱れや更年期障害が原因?!

    繰り返す大人ニキビはイヤですよね。治ったと思えばまた現れる・・・の繰り…

  2. 美容・健康

    ニキビ跡のクレーター肌を隠すアラフォーの為のファンデーションおすすめは?

    ニキビ跡にも色々あります。色素沈着したニキビ跡やポコっとした跡…

  3. 出産後基礎代謝が下がった!上げる方法は?遺伝が関係しているの?

    美容・健康

    出産後基礎代謝が下がった!上げる方法は?遺伝が関係しているの?

    出産後って体型が気になりますよねー。。もちろん、肌や髪の毛も気…

  4. 季節の変わり目は自律神経の乱れが原因!秋の眠気と体調の関係は?

    美容・健康

    季節の変わり目は自律神経が乱れる時期!秋の眠気と体調の関係は?

    季節の変わり目に体調がすぐれないと感じる事ってありませんか?そ…

  5. 美容・健康

    顔の産毛は処理しない(剃らない)方が良い?メリットとデメリットについて

    女性は、夏など肌を出すファッションをするようになると身体のムダ毛が気に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

最近の記事

  1. エアコン掃除で業者が部品を壊したら弁償してもらえる?私の体験…
  2. 20代女性の尿もれ意外に多い?無意識に出る尿もれの原因と対策…
  3. 窓際の紫外線が怖い!UVAが到達する距離はどの位?窓の対策は…
  4. 汗をかいた後の香水は匂いに変化が?夏は特に注意!対策は?
  5. チョウバエの幼虫は死なない?排水口にいる黒くて細長い虫を駆除…
スポンサーリンク
  1. 美容・健康

    サージカルマスクとは?メディカルマスクとどう違うの?特徴や効果は?
  2. ダニにエタノール消毒って効くの?布団にも使えるの?

    ダニ・ノミ・害虫

    ダニにエタノール(アルコール)消毒って効くの?布団にも使えるの?
  3. 美容・健康

    夏に汗で背中や胸がかゆくてぶつぶつが出る病気の原因と治し方
  4. 祝い事関係

    新札を使う意味とマナーは?祝い事で新札を準備できない時は?
  5. くしにほこりがつくのは何故?白い汚れがつく原因や取り方は?

    暮らしに関係する事

    くしのほこりの取り方と予防法!ヘアブラシの白い汚れを簡単に取るには?
PAGE TOP