仕事が続かず嫌で辞めたい現実を自分の理想へと変える簡単な方法

 

仕事が続かなかったり、人間関係が嫌になったり、結局辞めてしまう自分を変える方法は、実は簡単な事だと言われています。現実を理想に変える為に必要な事とは?

 

スポンサードリンク


 

仕事が続かず嫌になって辞めたくなる訳は?

 

仕事が続かず嫌で辞めたい
 

人は、『潜在意識』(無意識ともいう)によって良い事も悪い事も、自分で引き寄せているので、結局思い通りの人生を生きている。と言われています。

 

通常使っていると思っている意識は、『顕在意識』と言われ、潜在意識の中のほんの1部で、顕在意識は、潜在意識を超える事が出来ないと言われています。

 

潜在意識が9としたら、顕在意識は1という割合なので、潜在意識が勝つという事です。

 

例えば、ダイエットしたいと顕在意識は思って、行動しようとしても、潜在意識が『ダイエットなんて大変!好きなものも食べられないし、しない方がいいよ』と思っていたら、どうしてもダイエットが出来ず、食べてしまう。

といった具合に潜在意識通りに人間は動いてしまい、結果思い通り(潜在意識)の人生を生きているという事です。

 

ただ潜在意識は、良い事や悪い事を判断しないと言われていますので、悪い情報やイメージを潜在意識に刷り込んでしまうと、悪い事をしてしまうといった事もありえるのです。

 

カルト集団のマインドコントロール等は、まさに典型的な例ですね。

なので、反対に良いイメージを毎日刷り込んで、今後の人生をすばらしい人生にしていく事も出来るという事です。

 

仕事を辞めてしまったり、嫌だと思う現実を、自分の潜在意識が思う事によって、その通りの人生を生きている。と言えるんですよね。

何度か職場で嫌な思いをした事が潜在意識に刷り込まれてしまった事で、潜在意識の奥で「きっと、次の会社も嫌な事が待っているんだろう」と刷り込んでしまってるという事です。

 

現実を理想の自分へと変える事が出来るのか?

 

現実を理想の自分へと変える
 

子供は潜在意識がいろんな情報で埋まっていないので、性格を変えやすいのは、子供の頃です。

気の弱さを変えていくのに適したのも、やはり子供の時期です。

 

大人は、すでにいろんな情報や、凝り固まった考え方がたくさん潜在意識に入っているので、まずそのイメージを変える事から始めなければならないので、時間がかかると言われています。

 

ちなみに、潜在意識で考えている事は、本人には解らないそうです。

 

こんな事、絶対に思っていない!と顕在意識で思っているだけで、奥深い潜在意識は、催眠療法等しか、なかなか知る事が出来ません。

無意識に作り上げているらしいです。

 

そして、何度も自分で刷り込んでしまっているので、ほんと『無意識』ですね。
その『無意識』を『潜在意識』と呼ぶのです。

 

心配するのをやめるのが1番良いとも言われます。

 

例えば、なかなか妊娠出来なく、不妊治療に通っていて心が弱っているけど諦められない。

といった場合、顕在意識 ( 通常意識 )は、『がんばれば必ず赤ちゃん授かるよ』と前向きに思っているつもりでも、毎日毎日、心配していては、結局『心配』という感情が潜在意識に刷り込まれて、不思議と体にも伝わり、現実化しなくなるという事です。

 

そして、諦めたら(治療をやめて、毎日考えなくなったら)数ヶ月後には、妊娠出来た。といった事も少なくありません。

 

潜在意識は、人生を決めていくのに心配ばかりしていたら、その心配が潜在意識に刷り込まれて、そういった人生を送っていくらしいんで、心配はよくないという事です。

 

仕事や人生が、うまくいっていないと感じている人は、「 次も嫌な事があったらどうしよう 」や、「 絶対に仕事を辞めない様にしなければ 」 といった過剰な気持ちを潜在意識は優先するので、それが現実化してしまっていると言われています。

 

なんとかなる!

 

その気持ちはかなり重要度があると言います。『 諦め 』 という気持ちが、時には人生を、とても良い方向へ導く。という事らしいんです。

 

でも、心配してしまうんだからしょうがない!そんなに急に気持ちなんて変えれない!といった事ももちろんあると思うんです。

 

でも、諦めないでください。簡単な方法で毎日を少しずつ変えていく方法を紹介します。

 

Sponsored Link


 

理想の自分へと変わっていく簡単な方法!

 

斉藤一人さんの本に『ついてる』と毎日言うと、良い事が起きる。良い人生になっていく。

とか載ってますね。

 

言葉って、とても大事なんですね。

 

自分の言った言葉は、自分が一番聞いてるので、マイナス思考な言葉をよく言ってしまってる人は、そういう出来事を引き寄せると言われている位、言葉は運命を決めていく重要な役割を持ってるらしいですね。

 

不思議に、見た目と言葉使いって、合ってると思いませんか?

 

ガラの悪い言葉使いの人だと、見た目も、そんな感じになっていってるみたいだし、おとなしそうに見える人は、おしゃべりしても、おとなしい口調だったりしますよね。

 

言霊(ことだま)といって言葉には魂が宿ってるらしいですね。

自分で自分を作りあげる言霊。大事に発していかないといけないですね。

 

特に子供に対しての言葉も、出来るだけほめるのがいいみたいですもんね。

 

「だから、ダメなんだよね」とか、「いつも、出来ないよね」「あなたは気が弱いから」ばかり、繰り返すと子供の潜在意識に、自分は、ダメなんだ。という刷り込みが出来ていくと言われています。

うぬぼれさせる位のほめ言葉を、たくさん言ってあげると、潜在意識に良い感情が刷り込まれて、なんでも簡単に出来るようになったりするらしいです。

 

この、自分で自分をカルト集団の様にマインドコントロールする方法は、自分自身に対してのアファメーションと言います。

 

このアファメーションを特に寝る寸前に、聞くと良いと言われています。

 

寝る寸前(イコール) = 無意識の世界へ行くという瞬間に、潜在意識に刷り込まれやすいと言われています。

 

方法は、理想のなりたい自分や、なりたい状況を抽象的ではなく、はっきり意味のある言葉で(たくさんとか、綺麗とかは、抽象的)否定語( ◯◯にはならない。や、◯◯をしないようにする 等) 使わずに、録音します。

必ず、理想の自分になった後。といった言い方で。( 例えば、私は、職場の人と仲良くなることが出来る人間だ。とか、私は、月収50万達成したぞ。 等)

 

そして、寝る前にその自分の声を聞きながら眠るといった方法です。

 

普段から使う言葉にも気をつけて、生活をしていると徐々に暮らしに変化が現れていくと言います。

 

まとめ

 

まとめ
 

① 仕事が続かず、嫌になって辞めてしまうのは、自分の潜在意識からの命令で、その通りの人生をただ生きているだけ。

② 現実を理想の自分に変えるのは、潜在意識に刷り込まれてしまった考えを書き換えるしかない。

③ 理想の自分へと変わっていく方法は、言霊が重要。理想のアファメーションを必ず寝る前に聴き、普段の言葉使いにも気をつける。

 

以上になります。これを参考に、人生を変えてみる努力をしてみませんか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ