小椋久美子と潮田玲子の不仲をナカイの窓で?解説上手で再婚は?

 

元バトミントン選手の小椋久美子さんが9月7日放送のナカイの窓に出演されますが、そこで以前ダブルスのペアだった潮田玲子さんとの不仲説について、話されるのかも??

最近では、オリンピックで解説をされていた小椋久美子さん。

その解説が上手だったと、芸人の有吉弘行さんが言ってますね。

そんな小椋久美子さんについて今回は紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク


 

小椋久美子再婚は?

 

小椋久美子再婚は
 

1983年7月5日生まれで現在33歳になる小椋久美子さん。

現在はスポーツインストラクターとして活動されていますが、オリンピック選手として潮田玲子さんとダブルスペアを組んでいた事は有名です。

 

オグシオ』と呼ばれた頃から8年が過ぎましたが、ペア解消してからは、引退、結婚、離婚を経験されたんですよね。

現在は、インストラクターとして穏やかに暮らしていらっしゃいますが、やっぱり『オグシオ』として活躍されていた頃が1番輝いていたんだろうなぁと思います。

 

ですが、オグシオのペア解消から、引退され、そして結婚をされましたが、その結婚したお相手の方がラグビー選手山本大介さんでした。

 

噂では、山本大介さんが結婚されていた頃から小椋久美子さんとお付き合いをされていたとか・・・?

略奪婚等と言われていました。

 

でも、山本大介さんは奥さんと別れて小椋久美子さんと結婚されましたが、うまくいかず、1年半という短い期間の結婚生活で終わっています。

 

略奪婚というのが本当でしたら、人間は障害があれば燃え上がると言われていますし、それが無くなってお互いを見つめなおしたら、ハッと気づいた・・・なんていう話はよくありますが。。。

 

まさか、小椋久美子さん夫婦もそうだったんでしょうかね~?

離婚から現在、4年経っていますし、そろそろ小椋久美子さんに彼氏が出来ていてもおかしくないでしょうね。

 

ただ、一度失敗してると女性は特に慎重になりますからね。

再婚も勢いだとは思いますが、現在小椋久美子さんに熱愛的な話は浮上していませんから、まだ先なのかな?という印象ですね。

でも、再婚という話が出るとしたら、突然!って感じで出てくる様な気がします。

 

小椋久美子潮田玲子との不仲説をナカイの窓で話す?

 

小椋久美子と潮田玲子の不仲説をナカイの窓で話す
 

小椋久美子さんと潮田玲子さんペアは、『オグシオ』と呼ばれ、当時はとても注目を浴びていました。

というのも、まず2人共可愛いくて美人なんですよね~!

 

そしてオリンピックにも出場されていますから、この『オグシオ』効果でバトミントンにも注目が集まる様になりました。

結局、北京オリンピックが終わってから、ペアを解消する事になりましたが、その時点では特に不仲説等は無かったですが、その後に不仲説が噂される様になりました。

 

ます、潮田玲子さんの結婚式に小椋久美子さんが出席されなかった事から大きく不仲について言われる様になったんですよね。

 

小椋久美子潮田玲子の不仲説をナカイの窓で話す
 

まぁ、結婚式に出ないっていう事だけ聞くと、確かに信頼関係が無いのかな?と思ってしまいますが、今までさんざん『どちらが好みか?』『どちらが綺麗か?』なんて言われていると、バトミントンの腕以外にも、女性としてのライバル意識が出てくるのかもしれませんね。

 

ですが、真実は小椋久美子さんと潮田玲子さんしか解りませんし、今回出演する『ナカイの窓』で少し位は胸の内を話されるのかもしれません。

『ナカイの窓』は、要チェックですね。

 

どっちにしても、『オグシオ』って、バトミントン界に多大な影響を与えた2人ですからね。

国民の心には美しい2人の姿のまま残って欲しいなと思います。

 

Sponsored Link


 

小椋久美子オリンピックの解説が上手だった?

 

小椋久美子オリンピックの解消が上手
 

そんな小椋久美子さんは、2016年リオデジャネイロオリンピックの解説をされていましたね。

お笑い芸人の有吉弘行さんが小椋久美子さんや大林素子さんらが解説していたのを見て、

 

「普段いじられる系のおもしろおばさんで天然だと思っていたけど、やっぱプロだな、めちゃめちゃ解説上手なんだよ!」

「驚いちゃった」

 

と、称賛されていました。

そりゃ、今までやってきたスポーツですし、名を残した人達ですからね。。。

 

視聴者からも、『解りやすかった』と言われていたのも、うなずけます。

現在、スポーツインストラクターとして活動されている小椋久美子さんですが、今回のリオデジャネイロオリンピックの解説から、今後スポーツ解説にも度々登場するのではないでしょうか。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ