上白石萌音スカッとジャパンで神木隆之介と!『君の名は』声優共演!

2016年8月26公開の映画『君の名は』で、上白石萌音さんと神木隆之介さんが、声優を務められました

今回8月29日放送の『スカッとジャパン』でも上白石萌音さんと神木隆之介さんが『ベストオブ神対応』のショートドラマでも共演されるそうなので『君の名は』での息のあったコンビが、画面で見れますね!

スポンサードリンク


 

上白石萌音

 

上白石萌音
 

1998年1月27日生まれの現在18歳になる上白石萌音さんは、鹿児島県鹿児島市出身で、現在は東宝芸能に所属されています。

 

身長152CMと小柄な上白石萌音さん。

とっても可愛いらしい雰囲気が上白石萌音さんの魅力ですね。

 

上白石萌音さんは、2011年に第7回『東宝シンデレラオーディション』に、妹の『上白石萌歌』さんと参加されました。

姉妹でオーディションを受けるなんて、とっても仲の良い姉妹なんですね~!

 

こちらが妹の上白石萌歌さん。

 

上白石萌音
 

仲が良いだけではなく、姉妹そろってそのオーディションでは賞を獲ってるっていうのがすごいですよね~!

 

妹の『上白石萌歌』さんはグランプリ!

上白石萌音さんは、審査員特別賞を獲得されているんです。

 

しかしこの姉妹の、『上白石』という苗字は、とっても珍しいですね。

出身が鹿児島県なので、鹿児島県にはいくつかこの『上白石』といった苗字の方がいらっしゃるそうですね。

 

下の名前の方も、『萌音』で、妹が、『萌歌』というのも気になる名前だなぁと思います。

お母さんがピアノの先生らしいので、音楽に関連した名前を付けようと思われたんでしょうね。

 

名前にその想いが感じられますよね。

でも、親の想いは届いたんですね。

上白石萌音さんは、女優として以外に歌手としても才能を発揮されたのですから。。。

 

上白石萌音と神木隆之介『君の名は』で声優共演!

 

上白石萌音と神木隆之介『君の名は』で声優共演
 

上白石萌音さんは女優として活躍されていますが、2014年にミュージカル仕立ての映画、『舞妓はレディ』で主演を演じ、演技はもちろん、歌唱力も高く評価され第38回『日本アカデミー賞新人俳優賞』も獲得されました。

 

その後もミュージカル舞台『赤毛のアン』主役のアン・シャーリーを演じ、その素晴らしい歌唱力で歌手としても、活動されているんです。

2016年には、名作映画の主題歌・挿入歌を集めたカバーミニアルバム『chouchou』をリリースされています。

 

「言葉を話し始めるのと同じように、ずっと歌が好きだったので、その頃の私に歌手デビューするらしいよと言いたいです(笑)。好きなものでしかなかった音楽を仕事にできる日が来るなんて。がんばらないと! 今までと同じではいけないなとも思っています。上手じゃなくても言葉の深みや奥行、メロディをなぞるだけでなく、プラスアルファでもっと深いものを歌いたいと思います。聴く人によって感じるものが違う音楽というものが、自分にとって魅力的ですし、大好きなので。深みのある音楽を作っていきたいです」 ~音楽ナタリーより引用

 

と語っていらっしゃいます。

基本的に声の出し方もよく理解されていらっしゃるんだと思いますし、今回声優に挑戦する『君の名は』でも、歌手とは違えど、声の出し方のコツなんかもすぐ覚えていきそうだなぁと思いますし・・

 

その映画『君の名は』で、神木隆之介さんが声優を務めるのが『立花瀧』。

上白石萌音さんは『宮水三葉』の役で声優を務めます。

 

夢の中で入れ替わる少年と少女の恋と奇跡の物語だそうです。

とても新鮮なアニメーション映画だそうで、なんだか面白そうですよ。

原作の小説も要チェックですね!

 

上白石萌音と神木隆之介、スカッとジャパンでも共演!

 

上白石萌音と神木隆之介スカッとジャパンでも共演
 

映画『君の名は』で、声優として共演された、上白石萌音さんと、神木隆之介さんが8月29日放送の『スカッとジャパン』でも共演されます。

今回のスカッとジャパンでは、『ベストオブ神対応』のショートドラマでの共演ですね。

 

上白石萌音と神木隆之介スカッとジャパンでも共演
 

どんな感じなんでしょう~^_^

ちなみに、上白石萌音さんと神木隆之介さんが声優を務める『君の名は』は、こんな感じ。。。

 

 

なんだか、素敵な映画だなぁと思いますが、今回のスカッとジャパンでは実際に出演されて演じられるので、この『君の名は』での共演とは全く違う雰囲気なんでしょうね。

 

今回のスカッとジャパン、『ベストオブ神対応』での2人のショートドラマ、どんな感じなのか楽しみです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ