夏、汗をかくと背中や胸が痒くてぶつぶつが出る病気の原因と治し方

 

夏に汗をかくと決まって背中や胸、更には頭皮までもが痒くなる・・・

そういった事を毎年繰り返していませんか?

赤い湿疹の様な物がぶつぶつと出来るのは何故なのか?

考えられる病気や原因、治し方について紹介させて頂きます。

 

スポンサードリンク


 

夏、汗をかくと背中や胸にぶつぶつが出来て痒い原因は?

 

夏、汗をかくと背中や胸にぶつぶつや痒みが出る原因
 

夏になると背中や胸が痒くなるけど、冬だと比較的痒くない。といった経験はありませんか?

そして、痒い時は必ず赤い湿疹の様なぶつぶつが出ている。。。

 

そういった場合、いつも背中や胸が痒いといった訳では無いので、夏に多くなるものが原因として考えられますね。

 

そう、です。

年中痒いのでしたら、早めに病院を受診された方が良いと思いますが、夏になって急に背中や胸、頭皮等が痒くなる人は、ほぼ汗が原因だと考えられます。

 

よく、乾燥だとかあせもだとか載っていますが、その根本的な原因は『』という事になります。

でも、汗をかかずにはいられませんし、出来れば夏場は汗をかいて熱がこもらないようにしないといけませんし、新陳代謝が活発になっているのを、阻止したりしない方が良いはずです。

 

では何故、汗をかいて背中や胸が痒くなる人痒くならない人がいるんでしょうか?

その違いは、一体何でしょうか?

 

原因を一言で言うと、肌質や体質の違いなんですよね。ほとんど・・・・

脂症乾燥肌だったり、発汗機能の違いであったり・・・

多汗症も、ホルモンバランスの乱れであったり、自立神経系の問題の場合があります。

 

ですが、特に汗をかいた時はひどく痒くなる場合については病名があったりする事が多いですので、次は考えられる病気について紹介したいと思います。

 

夏に汗をかくと背中や胸に出来るぶつぶつや痒みで考えられる病気

 

夏になると背中にぶつぶつ痒み出来て病気や原因
 

夏に汗をかくと背中や胸に出来るぶつぶつや痒み・・・

ただ単に湿疹だろう。』とほっておいても一向に治りませんし、痒みはかなりストレスになるので、精神的に不安定になったりする事もあるんです。

 

夏になるとぶつぶつや痒みが出る場合は原因が『』と考えられるので、汗が原因の皮膚病を以下にまとめました。

 

● 紅色汗疹(こうしょくかんしん)

一般的に言われてる『あせも』の1種です。

汗が汗管(エクリン腺)に詰まって排出されないまま、表皮に留まって炎症を起こすので、痒みやぶつぶつが出ます。

子供のデリケートな肌に多いと言われていますが、近年大人もストレスや乾燥肌によって、荒れた肌になっている人に多く出る傾向がある様です。

掻きむしらなければ、自然に治りますが、掻きむしる事により炎症をひどくさせると、化膿します。こうなるととびひ等が心配になります。

 

● 脂漏性皮膚炎

この皮膚病にかかる原因は1つでは無い為、特定しにくいですが、冬場は比較的痒みも少ない傾向にあり、汗をかいた時にひどくなる場合は、『マラセチア菌』が原因の場合が多い様です。

マラセチア菌は皮膚に常在しており皮脂を栄養源としているので、汗をかく季節は皮脂の分泌も多くなり、マラセチア菌が繁殖するので痒みやぶつぶつが出ます。

皮脂の多い部分に出る傾向があり、頭皮、背中、胸、鼻の周りや、おでこ等にぶつぶつや痒みが出る事が多いです。

 

● コリン性蕁麻疹

この皮膚病の原因も特定されてはいませんが、主に発汗を司るアセチルコリンという化学物質の関与があると考えられています。

汗に含まれる成分などによってアレルギー症状を引き起こしてる場合もあります。

この皮膚病は、汗が出たときに1~5ミリの膨疹が出るのが特徴で、蕁麻疹の1種なので、掻きすぎてつながって大きくなってしまう場合もあります。

 

年中痒みがあるのなら、内臓の病気やアトピー性皮膚炎、ホルモンバランスの乱れ等も原因になりますので、なかなか特定する事は難しいですが、夏になって汗が多くなると、痒みやぶつぶつが出る皮膚病といえば、上記の場合がほとんどだと考えられます。

 

では、次にその痒みやぶつぶつの原因、『』を止めずに痒みやぶつぶつだけを治す方法について紹介させて頂きます。

 

Sponsored Link


 

汗によって出来る背中や胸のぶつぶつや痒みの治し方!

 

汗が原因で出来る、ぶつぶつや湿疹の病気がいくつかありましたが、コリン性蕁麻疹以外は背中や頭皮、胸に出る事が多いですので、紅色汗疹か、脂漏性皮膚炎のどちらかが多いと考えられますね。

 

では、その嫌なぶつぶつと痒みの治し方について紹介させて頂きます。

 

背中のぶつぶつや痒みの治し方
 

● コリン性蕁麻疹基本的な治し方

先程の説明でもありました様に、コリン性蕁麻疹は、基本的に見た目が蕁麻疹っぽいぶつぶつが特徴です。

汗アレルギーが原因の場合がありますので、その場合は、アレルゲンとなる汗に対して抵抗力をつけさせる様な減感作療法で、治療していく事もあります。

皮膚科を受診して、抗ヒスタミン剤などを処方してもらうのが1番良いですが、自宅で出来る方法もあります。

 

それは、お風呂の中に重曹や入浴剤を入れ、夏場にじっくり汗をかくという方法です。

上半身から汗を出させる為に半身浴の方がいいですね。

こういった、逆に汗をたくさん出させて、アレルギーに慣れさせていくといった療法です。

しばらく毎日これを繰り返していくと、自然に治ったという人も結構いらっしゃる様です。

 

● 紅色汗疹や脂漏性皮膚炎の基本的な治し方

次に、紅色汗疹や脂漏性皮膚炎ですが、基本的には

 

① 汗を書いた後は濡れタオルで抑える様に拭く。清潔にする。

② ビタミンB、E 郡を多く含む食品を食べる。

③ 油分ではなく、水分で保湿する。

 

以上に気をつける事が家庭で出来る方法です。

もちろんひどくなれば皮膚科を受診されて、ステロイド系の塗り薬や抗ヒスタミン剤等を処方してもらうのが1番良いですが、薬が切れるとまた繰り返しますので、上記3点にも気をつけながら生活する事が再発を防ぐ方法だと言えます。

 

マラセチア菌の異常繁殖は、よくある事で、肌に普通にいる常在菌ですので夏場は繁殖しやすい傾向は誰にでもあるものです。

通常の石鹸より、マラセチア菌対策で作られた抗菌石鹸を毎日使い続ける事で、治った人もいらっしゃいますから、そういった専門的な石鹸を使用する方が良いと思います。

 

こちらのコラージュフルフルシリーズは抗菌専門の石鹸で、私の知り合いもこれを使用していつの間にか治ったそうなのでおすすめです。

シャンプーとリンスが有名ですが、泡石鹸もあります。

 

日本初!フケ・かゆみを防ぐ抗カビ成分配合のシャンプー&リンス【コラージュフルフルネクスト】


 

それでも、治らない様でしたら、マラセチア菌を抑える塗り薬で『ニゾラール』というものがあります。

 

汗によって出来る背中や胸のぶつぶつや痒みの治し方
 

 

皮膚科で処方してもらわなければいけませんが、家庭での療法で治らない場合は、この薬を処方してもらうのが良いと思います。

 

ひどい様でしたら必ず皮膚科を受診されて、薬を使ってまずは化膿するのを防ぐ事が1番です。

 

そして、再発防止の為に日頃からストレスをためない、暴飲暴食をしない、睡眠をきちんと取る。といった生活習慣を見直して抗菌石鹸を使用すれば、かなりぶつぶつや痒みを防ぐ事が出来るはずです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ