2016関西(大阪)のお中元!予算3000円以内でおすすめは?

 

2016年のお中元シーズンに向けて、間近になってからバタバタ焦らない為にも、ある程度、商品選びを済ませておくと気持ちに余裕が生まれますよ。

関西や関東等、地域によってお中元シーズンも違いますし、贈られて喜ばれる物にも少し変化があったりします。

今回は、予算3000円以内という金額の中、大阪人に喜ばれるであろう、おすすめお中元の商品を紹介してみたいと思います

 

スポンサードリンク


 

2016関西(大阪)のお中元!

 

df00ee284dda87dd0ce30c7568fbc0e9_s
 

まず2016年のお中元シーズンですが、大阪は関西ですので関西方面のお中元の時期って、実は関東より1ヶ月遅いんです。

 
       関西

   7月下旬~8月15日まで
       関東

   7初旬~7月15日まで
 

この違いは、お盆時期の違いに影響しているそうです。

関東の一部の地域では、旧暦の考え方なので、お盆の期間が7月13日~16日までの4日間という風になっていますが、関西では、新暦のお盆期間となりますので、8月13日~8月16日までの4日間なんです。

 

そういった事から、お盆の最終日(送り日)の1日前までが、それぞれのお中元シーズンの終わりを意味しているんですね。

ただ、全国的にはお中元を贈る時期が早まっている様です。

 

お店によって早割等があったり、関西出身で関東暮らしだという方にも迷う事ってありますしね。

そういった事も含めて考えれば、7月15日までに贈ってもいいかもしれませんね。

 

良ければこちらも参考にしてみてください。

         ↓

2016関西のお盆とお墓参りやお中元の時期は?お彼岸はいつ?

 

お中元の予算って大体いくら位?

 

お中元の予算って大体いくら位
 

お中元に贈る商品の予算って、大体いくら位なんだろうって思ったりしませんか?

まぁ、値段じゃないんですけどね~。(って言いたい)

 

相場としては、

お世話になった方や上司・・・5000円位

知人や親戚、友人等・・・3000円位

その年に特別にお世話になった等・・・10000円位

なんていう相場を聞きます。

 

一番多いのは、3000円~4000円位が、一般的だと思われます。

 

要は気持ちだよ!なんて言いますが現実問題、『うちが渡した物と比べるとなんだか・・・』なんて、思う方も実際いますから。。。

 

そう考えると、値段って気になるところではあります。

ですので、大体の相場は把握しつつ、後はどんな商品にするか?

 

次に、その商品について紹介させて頂きます。

 

Sponsored Link


 

予算3000円以内でおすすめお中元商品!

 

予算で、悩んでしまったけど3000円に決めた!

といった場合、では何にしようか・・・と、またそれで悩みますよね。

 

特に関西人は、物に対していろんな意味で敏感なんでね(笑)

3000円なのに豪華に見える物、相手に得したなぁ。と思ってもらえる物が良いですよね。

では、次に関西人というか、大阪人の喜びそうな商品を紹介させて頂きたいと思います。

 

では、まずこの商品は、個人的に『美味しいそう!』と素直に感じた商品です。

この洒落た感じは大阪人には『なんか高そうやわ~』と言ってもらえそう!

 
 

 

こちらは、定番のハム詰め合わせ。

大阪人は、『なんか知らんけど得したわ。』的な物が好き!

ハムは高級なイメージですからね。

 
 

 

後は実用性のある物も大阪人は、好きです。

高級そうでも使わなかったり食べにくい物は、『こんなんもらっても使えへんし、いらんわ!』となる事も多々あります。

そう考えると、アイス珈琲は夏場によく買いますので、お得感があります。

 
 

 

こちら、定番のそうめん!

やはり、揖保乃糸といえば、『揖保乃糸やし、間違いないで!』と言われる商品。

人気ですよね~。

 
 

 

こちらも実用性がある商品です。

醤油は大阪人じゃなくても、日本人なら必ず使います。

この密封ボトルタイプはスーパーでも結構高いですし、頂けるとなると嬉しい商品!

 
 

 

そして、こちらも生活必需品!

買いに行くとなると、重たい洗剤。

これも頂けるとなると、『ラッキー!』となる事が多いですね。

 
 

 

以上、ほんの一部の紹介でしたが、大阪人に限らず、やはりハムや高級な雰囲気のアイス等は、普段自分ではなかなか買わないので、頂き物では嬉しいと感じる事が多いと思います。

 

しかも、購入側も30%OFFといった値段で楽天等では買える物もありますので、双方にとってお得感がありますよね。

 

それと実用性のある物や、普段から食べている物も、頂ければ嬉しいですしね。

 

あまり馴染みの無い物や、高いんだか安いんだか解らない物って、案外嫌がられるんですよね。

変に凝った物じゃなく、知られている物だけど『なんか得したわ』と思える商品を探してみるのって、なかなか楽しいもんですよ。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ