低学年の読書感想文を簡単に子供が書けるコツとおすすめ本や理由

 

小学生、『特に低学年の読書感想文』に、困っている子供や親も多いんじゃないでしょうか?

困っている』というのは、子供が簡単にスラスラと書けず困っているけど、親が手伝ってはいけないし・・・・

といった状況です。

苦労せず、簡単に読書感想文を書けるコツとその理由、更におすすめ本も紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク


 

小学校低学年の読書感想文って、子供にとっては難しい!

 

小学校低学年の読書感想文は難しい
 

小学生の宿題、特に低学年ですが、意外に頭を悩ませるのは『読書感想文』なんですよね。

学校で作文の書き方を教えてもらってない事って意外に多いんです。

 

なので、子供がどうやって書いていいのか解らない!と言ってくる。

でも、親が書く訳にもいかないけど教えていくには、かなり時間がかかってイライラする・・・・

 

しかも、親自身も感想文を書くのが苦手。という親御さんも多いですしね。

結局、親も子も楽がしたいので、親が言葉で言った感想文をそのまま子供が書く。という結果に・・・

 

こんな事って、自分の家庭だけ?

なんて思われる親御さんも多いと思いますが、いえいえ!

結構、頭を悩ませている方って多いんです!

 

にを隠そう、私の子供もそうでした。

意外に簡単に、読書感想文を書くことが出来たので、その方法をお伝えしたいと思っています。

まずは難しい読書感想文を、簡単に仕上げる為の本選びから順に紹介していきたいと思います。

 

読書感想文おすすめ本

 

読書感想文おすすめの本
 

まずは、本選びをきちんとしていかないと始まりませんよね。

本選びで重要なのは、子供が夢中になるかどうか!

 

うちの子供にも『これ読みなさい』じゃ、読むまでにもだいぶ時間がかかってしまいました。

読む気がしない。って事ですね。

大人でもそうですが、人に薦められて手渡される本ほど迷惑なものは無い。って言いますから・・・・

 

ですから、まずは子供の意志で夢中になる本。

それが一番重要ですよね。

 

買うのも費用がかかるし、やっぱり図書館で借りてくるのが一番です。

 

私は、せっかちなので図書館でウロウロと子供が決めかねてると、時間がもったいなく感じるので、まずはネットで子供にこれが読みたい。と選ばせておいて、図書館に問い合わせます。

 

そして、借りに行くだけ。にしています。

しかも、小学校低学年なら絵本で十分です。

 

読書感想文?という響きに、少しは難しい本じゃないと・・・と思いがちですが、学校の先生も絵本で十分だと思ってるはずですよ。

 

それといくつか、子供に勧めてみて選ばせていくコツは、子供は不思議な物や魔法等に興味がある事が多いですから、そういった本をまず勧めてみてはどうでしょうか?

 

人気絵本をいくつか紹介したいと思います。

 

とうめいにんげんのしょくじ

カッパのあいさつ

おでん おんせんにいく

まほうつかいのトビィ

まじょのルマニオさん

 

これらは、一部試し読みも出来る本もありますので、一度参考にしてみてください。

 

うちの子供もそうですが、子供って魔法やおばけ、UFOなんかに興味があります。

妖怪やモンスターが主役のアニメやゲームも、やはり子供の気持ちの奥底にはそういった不思議な夢のある物が好きだという気持ちがあるんだなぁと思ったりします。

 

時間がたくさん取れる様なら、図書館でゆっくり子供に選ばせていくのがいいとは思いますが、ネットで、ある程度決めてみて・・・となると、おすすめは不思議な物をテーマにした本の方が子供の食いつきがいいですよ。

 

Sponsored Link


 

読書感想文、子供だけで仕上げる為の簡単に書けるコツ!

 

本が決まれば、後は書く作業!

これが問題なんですよね。

 

読書感想文のコツ等を紹介している本やサイトはたくさんありますが、ほとんどは、

① あらすじを書かない

② ワークシートを使う

③ 気になったところに付箋をつける

 

等が紹介されています。

ワークシートを使ったり、あらすじを書かない様にしなさい!なんて子供にいっても、難しく考えるだけなので、あまりそういった事には気を使いません。

私は、面倒臭がりだし、出来れば簡単に済ませたいので、親も子供も手間がかからない様にしています。

 

① 本を選んだ理由

② 簡単なあらすじ

③ 本の中の誰かに自分自身がなりきった様に思う。

④ なりきった人物の心にすごく残った事。

(例えば、一番怖かった事、一番嬉しかった事、一番悲しかった事 等)

 

この4つを紙に書いて、子供に渡します。

そして、この④項目だけ気にして書いてごらん。

 

といった具合です。

子供が『意味が解らない』と言えば、その項目の説明だけします。

 

小学生になったら、いくら低学年とはいえ、上記の項目を参考にある程度は自分で書く事は出来るはずです。

学校で書き方を習っていなければ、子供はまず出だしについて、一番悩むみたいですね。

なので、最初から『書けない!解らない!』となる様です。

 

よく、あらすじを書くな。とありますが、小学校低学年だと簡単なあらすじを書いた方が、子供も書きやすいし、あらすじ無しで相手に伝える様な技術は無理だと思うんです。

 

上手く、綺麗に書くより、子供が楽しく書ける事が必要だと思いますので、ポイントだけ教えて、後は自由に書かせる方法が親も子供も一番簡単で、楽しみながら書けると思います。

 

読書感想文が簡単になる理由

 

読書感想文が簡単になる理由
 

よく、
語尾にも気をつけましょう。

『思います。』ばかりでは、綺麗ではないので、いくつかのパターンを使い分けましょう。
 

 

といった風に載ってる本やサイトもありますが、小学校低学年の読書感想文に、そこまで気を使わなくても良い気がするんです。

 

上手く書く事より、自分の素直な気持ちでのびのび書かなければ、結局、作文嫌いになるんじゃないでしょうか?

好きこそものの上手なれと言いますし、上手く綺麗に書く事に重点を置くんではなく、将来コンクールに出品したいと思う様になる子供は、まず本が好きだという事から始まるらしいですから。

 

読まないと書けないし、いろんな人の本を読む事で自然に文章構成も身についたりすると思います。

そして、その上に技術が必要なんでしょうが、まずたくさんの本を読む、作文等をイヤイヤ書いた記憶が無い。

そんな低学年を過ごしていく事の方が大切な様に感じます。

 

気持ちというのはとても大切で、楽しみながらするのと、イヤイヤするのとでは、その後に大きく変化があります。

将来、簡単に作文等を書ける様になるための、小学校低学年という大切な時期なので、感想文って簡単で楽しいね。って子供が思える事を目的に教えていく様に、親も心がけていきたいですね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ