山下弘子アフラックCM女性!櫻井翔とガン語る。現在家族は?

 

アフラックのCMで、嵐の櫻井翔さんとガン保険について語っている女性が誰なのか気になったので調べてみました。

お名前は、山下弘子さんといいます。

山下弘子さんは、19歳の時に『余命半年』という、受け入れがたい宣告を突き付けられたそうです。

その辛い宣告にも前向きに立ち向かう気持ちは、同じ病気で苦しむ人や、現在ガンになっていない人達にまで感動を与えます。

前向きな気持ちの大切さが、現実となって現れているのは、現在も元気に家族と暮らしているという事です。

そのポジティブに生きている、山下弘子さんについて紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク


 

アフラックのCMで、櫻井翔と語る女性、山下弘子!

 

アフラックのCMで櫻井翔と語る女性山下弘子
 

山下弘子さんは、1992年10月29日生まれの現在23歳。

大阪女学院高等学校を卒業後、京都の立命館大学へ進学されました。

 

大学に入って、楽しい大学生活を送ろうとしていた矢先、大学1年生の夏に肝臓ガンが見つかったそうです。

 

夏休みのアルバイトも始めた山下弘子さん。

でもアルバイトを始めてしばらくすると、だんだんとお腹が膨らんでいったと言います。

その膨らみが『肝臓ガン』だったんです。

 

ガンによって肝臓が肥大し、肺を圧迫する様になって初めて、その痛みで検査に行かれた様です。

その肝臓ガンの状況について、山下弘子さん本人には伝わりませんでしたが、家族には『余命半年』という宣告をされていたのです。

 

それから山下弘子さんと、ガンとの闘病生活が始まる事になりました。

そのガンとの闘病生活で、まず『いい子をやめる!』と思ったそうです。

 

その事について、今回アフラックのガン保険CMで、嵐の櫻井翔さんとも語っていらっしゃいますが、同じ様な事が山下弘子さんのブログにも載っています。

 

アフラックのCMでも言っている通りに
「私はがんになって、いい子をやめました」と。
「教科書通り」の「いい子」をやめました。
そうではなく、自分自身にとって何がいいのか、自分らしく生きることについて考え、悩み、悩み、悩み、悩み…
教科書通りではきっと見つからなかったであろう
たった一通の「自分」について。

「いっぱい笑って、いっぱい泣いて、いっぱい楽しもうと思います!」

 

これは、教科書通りに生きてきた学生時代を振り返ってみて、教科書通りに生きていく事が常に正解ではない事に気づいたという事をブログにも書かれています。

病気の回復の仕方が医学書通りではない事実に気づいた時に、1つの事に縛られるというのは、いろんな選択が瞬時に出来ない事にも繋がる。といった様に感じられたんではないでしょうか?

 

たかがCMなんでしょうが、そこからいろんな事を知っていける事に繋がるなんて、素晴らしい事だなぁ・・・なんて私は、感じています。

 

ガンと戦う山下弘子さん!

 

ガンと戦う山下弘子さん
 

19歳の時に山下弘子さんは、初めてガンという病気になりましたが、山下弘子さん自身の人生に『がん』といった病気自体が、あまりピンとこなかったというか、ガンに関するドラマ等も見た事が無かった為、そんなに深刻に考えなかったと言います。

 

なので、初めての手術の時も暗い表情ではなく、結構明るく笑っていたので、医師もビックリされたそうです。

 

でも、やはりガンになってからは、さすがに病気の事についていろいろと知っていったんでしょうね。

1回めの手術からしばらくして、肺の転移と、肝臓ガンの再発の申告を医師から聞かされた時は、かなりのショックだったと言います。

そして、再度手術する事が決まりました。

 

その手術の前日に、高校時代の友人と恩師がお見舞いに来てくれた時、初めて人前で号泣されたと言います。

 

その後山下弘子さんは、『神様は乗り越えられない試練は与えない。もし乗り越えられない時は、それから逃れるための道も共に送ってくださいます。』といった聖書の言葉でがんに感謝してみようという気持ちが生まれたそうです。

 

その考え方が素晴らしいなと思いました。

 

がんがあったから、いろんな事に挑戦出来た。

『がんがあったからこそ。』の、幸せに注目した方がもっと幸せになれるし、がんに感謝して共存しよう。と思ったらしいですね。

 

山下弘子ブログ 今を生きる

 

山下弘子さんのブログもすごく前向きで、がんという大変な病気にかかっているとは思えない心の強さを感じます。

 

Sponsored Link


 

現在の山下弘子さんと家族は?

 

ガンが見つかり、余命半年宣告を受けてから、現在4年が経つ様ですが、山下弘子さんは元気に家族と暮らしています。

 

山下弘子現在家族
 

2015年にはスキューバダイビングのライセンスを取得されたり、海外旅行も楽しまれたりと、生きる事をさらに楽しんでいる様です。

ガンになってから、たくさんの事に挑戦される様になったそうです。

 

車の免許を取ったり、ヨガやフラダンスに通ったりと、生きる楽しみが増えていってるらしいですね。

 

肝臓ガンの治療法の1つに『肝動脈塞栓術』といった治療法があります。

山下弘子さんは、この肝動脈塞栓術3回目を最近終えられました。

 

でも、山下弘子さんは、相変わらず前向きな心のまま生きていらっしゃいます。

がんの共存を認めながら、がんから卒業する事を目標にされています。

 

現在、全身療法の治療がまだ見つかっていないそうですが、山下弘子さんのブログからも、絶対諦めない!という強い気持ちが現れています。

 

家族に支えられながら、これからの治療法にも諦めず、とにかく明るく生きている山下弘子さんにとても感動します。

 

6 Responses to “山下弘子アフラックCM女性!櫻井翔とガン語る。現在家族は?”

  1. 名無し より:

    アフラックのCMでも言っている通りに
    「私はがんになって、いい子をやめました」と。
    「教科書通り」の「いい子」をやめました。
    そうではなく、自分自身にとって何がいいのか、自分らしく生きることについて考え、悩み、悩み、悩み、悩み…
    教科書通りではきっと見つからなかったであろう
    たった一通の「自分」について。

    「いっぱい笑って、いっぱい泣いて、いっぱい楽しもうと思います!」


    何か許せないです。間違えてます。
    「いっぱい笑って、いっぱい泣いて、いっぱい楽しむ」ことが
    悪い子ということとなります。
    良い子をやめるという言葉は完全に間違えてます。

  2. ねこねこ より:

    私も同じく、物凄く違和感があります。
    いい子をやめました。?
    いっぱい笑って、いっぱい泣いていっぱい楽しむ
    出来なくて、ベッドからも起きられない他の病気の人が
    このCM見たらどう思うでしょうか?
    他人への配慮が欠けてると思うのですが。

    • ちゅんたろう より:

      捉え方は人それぞれです。あなたのこの意見で傷つく人や前向きな気持ちを削がれる人もいます。あなたの、この意見はそんな人達に配慮されたものでしょか。全ての人達に対しての正解はありません。
      私は、純粋にあなたの言葉がイジワルにしか捉えられませんでした。おそらくあなたの真意はそのようなものではないことは、自分では理解していますが受け入れられません。

  3. tkkr0412 より:

    はじはめまして。治療、大変でしょう?
    癌治療について紹介します。
    山下さんの治療について、提案があります。
    現在、日本でも全国で30医院ほでありますが、免疫療法をお薦めします。ご存知かと思いますが、癌そのものでの死亡率は1%と言われています。残りの99%は放射線や抗がん剤での死亡率となります。免疫治療は、主流ではありませんが、海外では主流になりつつあります。癌細胞は43~44℃で死滅します。人体の、脳と眼球以外は温熱機器で死滅させることができます。その他、自分自身の血液でNK細胞を活性化させる方法もあります。もし、詳細が必要と思われましたら連絡してください。私は医師でも何でもありませんが、将来は癌専門の免疫治療医院を開業しようとしているものです。日本の専門医の紹介もできます。

    • be glad より:

      コメントありがとうございます。

      tkkr0412さんは、ガンについて、お詳しそうですね。

      良ければ、山下弘子さんのブログへお知らせしてあげてはいかがでしょう?

      この記事の中にある山下弘子さんのブログへのリンクをクリックして

      直接、山下弘子さんのブログへお知らせしてあげてください。


      ありがとうございました。

    • 太田 より:

      卵巣がん後、腹膜に転移してると言われました。腹膜はしゅにも効果有りますか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ