情熱大陸田中彩子はソプラノ歌手!旦那や家族は日本人?年収は?

 

6月5日放送の『情熱大陸』にソプラノ歌手の田中彩子さんが出演されます。

現在、田中彩子さんはオペラで有名なオーストリアのウイーンで生活されています。

奇跡の歌声を賞賛される田中彩子さんの旦那さんや家族は日本人なのか?

そういった、プライベートな事について調べてみました。

ウイーン在住が長いので日本語が少し訛ってしまってるといった声もチラホラ・・・

 

スポンサードリンク


 

ソプラノ歌手田中彩子の旦那や家族は?

 

ソプラノ歌手田中彩子の旦那や家族は
 

田中彩子さんは、1984年2月23日生まれの現在32歳。

京都府の出身で、ある音楽教室の発生練習の時に『私が教えるから宮廷に来なさい』と、元宮廷歌手から言われた言葉がソプラノ歌手になるキカッケだったと言います。

 

その、歌手の方に『すごい才能がある!』と言われて、18歳からウィーンに声楽を学び行く事になったそうです。

 

しかし、その元宮廷歌手の方が日本にいた事や、偶然その時にその方に会ったという事が、現在の田中彩子さんの人生に大きく影響したという事ですよね。

 

会った人によって人生が大きく変わる。と言われていますが、物事を究めている方は、ほとんど出会った人によって人生のチャンスを得ている事が多いです。

田中彩子さんも、ソプラノ歌手になるチャンスを『人との出会い』によって掴んだという事になるんでしょうね。

 

田中彩子さんは、22歳の時にスイス、ベルリンの州立歌劇場にて『フィガロの結婚』でソリスト・デビューを果たされます。

 

この劇場では、日本人初の最年少歌劇場デビューで話題を集めたそうですね。

翌年には、国際ベルヴェデーレ・オペラ・オペレッタコンクールでは、オーストリア代表として本選出場を果たされたそうなんです。

 

やはり、才能を見ぬいてもらった事も大きいし、それだけの才能を持っていたのなら、こうなる運命だったのかもしれませんよね。

 

それと、田中彩子さんの家族についてですが、どうやら結婚されてはいない様ですね。

旦那さんの存在もそれらしき情報を探してみましたが、家族についての情報がほとんどありません。

 

ウィーンでの生活も長く、日本での活動が少ない事も理由なんでしょうね。

ソプラノ歌手としての道を突き進んでいってる様ですが、まだ32歳なのでこれから旦那さんを探されるのかもしれませんしね。

 

ソプラノ歌手田中彩子情熱大陸出演!

 

ソプラノ歌手田中彩子情熱大陸出演
 

今回『情熱大陸』で、田中彩子さんのウイーンでの音楽生活が明らかになりますね。

田中彩子さんは、世界でも珍しいコロラトゥーラ歌手。

 

コロラトゥーラって、何?って感じで、素人には全く解らないですが・・・

ハイコロラトゥーラソプラノは、簡単に言うと、最も高い音域を歌うソプラノ。という意味の様です。

 

世界でも一握りしかいない、貴重なソプラノ歌手。

特に、田中彩子さんは『100年に1人の逸材』と言われている様です。

 

ソプラノって、聞いただけでも『すごく高い声』ってイメージですが、ハイコロラトゥーラソプラノは、更に響き渡る様な歌声です。

 

ホント、田中彩子さんの声量、すごいですよ。この動画でも解ります。

 



 

この動画でも『高い~』!って思うので、実際にコンサート会場で聴くと、魅了されるんだろうなぁと思います。

 

2013年には、モーツァルトのコンサート・アリア『テッサリアの民よ』をジュネーヴで歌った時は、有名な歌手のエッダ・モーザや、聴衆から『人生の中でそう聴けることのない素晴らしい歌声』と賞賛されたらしいです。

そういった話も、今回出演される『情熱大陸』で話されるんでしょうね。

 

Sponsored Link


 

田中彩子は日本人?年収は?

 

田中彩子は日本人年収は
 

田中彩子さんは、18歳からウイーンへ行かれて14年間、ウイーン生活をされています。

 

それが原因なのか、話し方が『外国人が日本語を話してる感じの様。訛って聞こえる。』や『日本人じゃなく、中国人なの?』といった声もあるようです。

何年も海外生活で、その国の言葉を話されていると、日本語に訛りが出る場合があるといいます。

 

実際60年近く、外国語で生活していた兵士の方が日本に戻ってきた時に、日本語が全く話せなくなった。という方もいらっしゃる様ですし、普段の生活に慣れていくと、言葉にもそういった変化が出るんでしょうね。

 

それと、気になる年収ですが、正直オペラ歌手の年収は、もちろん人それぞれなんですが、特に田中彩子さんは、世界でも稀な『ハイコロラトゥーラソプラノ』という歌手ですからね。

 

有名なオペラ歌手、中丸三千繪さんは、1ステージのギャラが、2000万円と言われていますが、年間10公演すれば年収は2億円という事になります。

 

中丸三千繪さんは、イタリア最高峰の『マリア・カラス・コンクール』でイタリア人以外で唯一優勝した方です。

その、中丸三千繪さんと田中彩子さんが、同じクラスの扱いなのかといった事もよく解らないので、詳しい年収は、解らないですが中丸三千繪さんのギャラを参考にすると、相当な額ではないでしょうか?

 

田中彩子さんも中丸三千繪さんも、日本を代表する歌手として今後も頑張って欲しいですね。

日本人がこんなにも有名で高い年収で活躍してる事は、なんだか誇らしく思いますよね。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ