目からの紫外線で肌がしみになる!簡単にUVカットする方法!

 

紫外線が気になる季節になってきましたね。

肌から直接入る紫外線の影響で、しみやシワも心配ですが肌以外に目から入る紫外線も、とても重要な事が解っています。

目からの紫外線(UV)を簡単にカットする方法についても紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク


 

目から入る紫外線で肌にしみが出来るって本当?

 

目から入る紫外線でしみになるって本当
 

目から入る紫外線で、しみになってしまうなんてイヤですよね。

その理由について紹介していきたいと思います。

 

紫外線には、3種類あります。

それぞれの波長の長さの違いで、分けられています。

 

UVA ・・・ 皮膚の真皮層まで到達し、老化を促進させる。

       UVBによって生成されたメラニンを更に酸化させて褐色化させる。

UVB ・・・ 色素細胞がメラニンを生成し、防御反応をして日焼けとなる。

UVC ・・・ エネルギーは最も高いですが、オゾン層に吸収されるため、ほとんど

       地球には届きません。

 

簡単に分けると上記の様になりますが、UVAUVBによって、しみ・シワ・たるみを引き起こします。

 

紫外線から肌を守る為に、日焼け止めやUVグッズ等で、気をつけていますよね。

ですが、目はどうでしょう?

外出時、毎回サングラスをしていますか?

 

紫外線が目にあたると炎症が起こって、三叉神経から、紫外線を吸収した信号を脳に送り、脳からメラニン色素を作らせるホルモンが出て、実際に肌に現れる。といった事が、実験でも証明されています。

 

しかも、肌をUVケアしてるにも関わらず!ですよ。

目に入った紫外線が信号となって送られる為、肌をUVケアしていてもメラニン色素が生成されて、直接肌に紫外線が当たったのと同じ状態になるって事なんです。

 

ですので、目から入る紫外線によって、肌にシミが出来てしまうといった事が起きるんですね。

 

紫外線による目の影響!

 

紫外線による目の害
 

元々、目には紫外線を防ぐ力が備わっています。

なので日常生活での紫外線は、あまり目に影響ありません。

 

でも、長時間強い紫外線を浴びると、

角膜炎(かくまくえん)

白内障(はくないしょう)

黄斑変性(おうはんへんせい)

裂斑(けんれつはん)

等といった、目の病気になる事もあるんです!

 

◎ 紫外線のUVAUVBによって、目にどんな影響があるのかをまとめました。

UVA  ・・・ 目の奥にありレンズの役割をする水晶体まで届きます。

UVB ・・・ 目の表面の角膜に吸収され、角膜の炎症を起こす原因となります

 

白内障(はくないしょう)の人の目は、白く濁っていますよね。

老人になってから白内障になる事が多いんですが、紫外線がかなり影響してるらしいですよ。

 

UVAが長い年月、水晶体に吸収され続ける事によって、水晶体が酸化されます。

そして、蛋白が形成されて、白く濁るのが白内障なんです。

 

強い紫外線を浴びて、急になってしまうというより、少しずつ吸収され続ける事によって起こるので、誰でもなる可能性がありますよね。

 

更にUVAの1~2%程は、目の水晶体の奥にある網膜にまで、到達するといわれています。

 

元々持っている紫外線を防ぐ力は目にはあるものの、個人差や生活スタイルにもよりますし、ケアしておくに越したことはないと思います。

 

一方UVBは、雪山や砂浜など照り返しもキツくて強い紫外線を浴び続けると、目の表面の角膜が炎症をおこして、充血や異物感や強い痛みを生じる事があります。

 

日焼けと同じ状態ですので、2~3日で治りますが、日常生活に支障が出ますので、これも避けたいですよね

 

肌のシミやシワ等も、目から入る紫外線の影響があるし、もちろん目にとってそもそも悪影響を及ぼすので、ホント何もいい事ないじゃん!って思ってしまいますよね。

 

普段から少しずつ吸収してしまう紫外線や、急激に浴び続ける紫外線、どちらにしても目に害がある訳ですから、普段から紫外線をカットする事は、とても重要だなぁと思います。

 

Sponsored Link


 

簡単に目も肌も紫外線(UV)カットする方法!

 

とにかく、肌だけUVカットする事に気をつけるだけでは、しみは防ぐ事は出来ません。

目からの紫外線も同時にカットしないと、肌のしみだけではなく、目にも害になります。

 

◎ 目を守るサングラスについて

まず、サングラスをつける場合は、当然ですがUVカットのものを購入してください。

ただ単にサングラスを買っただけで、UVカットになってると思うと大間違いです!

 

おしゃれな雑貨店で買ったサングラス等でUV加工されていなければ、つけていない時より目に悪い影響を与える場合があるそうですよ。

 

というのは、目は暗い所では瞳孔が開いてしまうからです。

瞳孔が開いて、より多くの光を取り込もうとするので、多くの紫外線を目に取り込んでしまいます。

 

逆に、明るい所では瞳孔は小さくなって光を取り込む量を減らします。

眼鏡屋さんで、詳しい店員さんに相談しながら購入する方がいいと思います。

 

◎ 肌を守る紫外線対策グッズや日焼け止めについて

紫外線対策グッズや日焼け止めも、1シーズンで効果が半減すると言われています。

全ての商品についてテストしている訳では無いので、一概には言えないと思いますが、去年の物より効果が落ちるといった事はあるらしいですよ。

 

しかも、日傘もUV効果が落ちてくるらしいんです。

毎年買い直すのも勿体無い話ですよね。。。

 

それでもやはり、2年に1回は全てのUVケアグッズ、日焼け止めは買い直す必要があると思います。

洗濯により、UV効果が急激に落ちる商品もありますしね。

 

肌に直接塗る日焼け止めは、1年以上置いておくと、UV効果が落ちますが、近年紫外線による害がたくさん報告されていますので、年中日焼け止めは塗っておく方が良いと思います。

 

使い切ってから新しい物を購入する。といった感じで、年中使っていけば問題ないですよね。

 

◎ 簡単に紫外線(UV)カットする方法!

一番簡単な方法で、飲む日焼け止めを使用する。といった方法です。

日焼け止めやUVケアグッズと併用すれば、万全です。

 

サングラスって、アウトドア以外では(通勤やランチ、デートなど)場所によっては、使いにくい場合がありますよね。

 

それに、目も体も全てをUVカットしてくれる、飲む日焼け止めなら簡単だし、塗り忘れた部分も無く、全体をUVカットしてくれるので安心です

 

簡単に目も肌も紫外線(UV)カットする方法
 

日本より紫外線が多い海外では、飲む日焼け止めは主流になっていていて、クリニックや皮膚科等でもすすめられているらしいですね。

 

紫外線吸収剤が入っている日焼け止めは多いですし、なにより肌を痛めます。

塗り直しや、落とすにはクレンジングが必要だったりする面倒な事も必要ないからでしょうね。

 

そういった専門科もオススメする飲む日焼け止めも紹介します。

 

【WHITE VEIL~ホワイトヴェール~】

【POLC~ポルク~】


【noUV~ノーブ~】

 

これらの商品は全て、飲むだけでUVケアされるので安心です。

金額的に毎日飲むのは難しいな。と感じるなら、ビタミンCを摂取する事をおすすします。

サプリメントならお手頃な物がたくさんあります。

ただ、吸収率についてはなんとも言えませんが・・・

 

食べ物から直接ビタミンCを摂取する方が一番吸収されやすいとは思いますが、面倒だったり果物も毎日となると金額も高くつきますしね。

 

最近は、体内からの紫外線対策が注目される様になってきていますし、積極的に体内からのケアを考えていく方が、しみ以外に歳をとっていった時に後悔しなくて済むんじゃないかと思ったりします。

 

まとめ

① 肌だけ紫外線対策をしていても、目から入る紫外線によって体中のメラニンは

  生成されるので、しみが出来る。

② 目からの紫外線は蓄積されるものや、急激に浴びる紫外線、共に目の病気に

  なる可能性がある。

③ 飲む紫外線対策と日焼け止めやグッズを使用すればほぼ完璧に紫外線を

  簡単にUVカット出来る方法である。

 

いかがでしょうか?

飲む日焼け止めは、日本でも今後必ず主流になっていくと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ